日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 尿酸の原料「プリン体」が少ないのは肉、魚、牛乳?  > 3ページ目
印刷

Goodayクイズ

尿酸の原料「プリン体」が少ないのは肉、魚、牛乳?

クイズで学ぶ「プリン体」

 日経Gooday編集部

上手に活用したいたんぱく源は、牛乳などの乳製品

 たんぱく源として、上手に活用したいのが、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品です。乳製品はプリン体が少ないことに加え(牛乳は100g当たり0.0mg*2)、尿酸値を低下させる効果が期待できます。高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第3版の改訂委員長を務めた鳥取大学大学院 医学系研究科 再生医療学分野 教授の久留一郎さんは、「(乳製品に含まれる)カゼインという成分が尿酸の排泄を促進すると考えられます」と話します。

*2 ヨーグルトは同5.2mg、チーズは5.7mg。いずれも『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第3版』より

 ニュージーランドの研究では、牛乳を飲んだ後、60分後、120分後、180分後の尿酸値が下がったという報告があるほか(Ann Rheum Dis.2010;69:1677-1682.)、尿酸排泄への影響を調べた国内の研究では、牛乳摂取後に尿酸排泄率が高まったことが確認されています(Int J Clin Pharmacol Ther. 2011;49(6):366-70.)。

 また、米国の4万7150人を対象にしたコホート研究からは、乳製品摂取量が多いグループは少ないグループより、痛風発症リスクが4割低いという報告も出ています(下図)。

食品の摂取量と痛風発症リスクの関係
食品の摂取量と痛風発症リスクの関係
米国での12年間のコホート研究では、乳製品摂取量の多い人は摂取量の少ない人より痛風発症リスクが4割低かったという結果が出ている。(N Engl J Med. 2004;350:1093-1103.)
[画像のクリックで拡大表示]

 このほか、プリン体が少ないたんぱく源の1つに卵(鶏卵)があります。鶏卵はコレステロールが多いことが知られていますが、実はプリン体は非常に少ないのです(100g当たり0.0mg)。

 「魚卵はプリン体が多い」という印象を持つ人も少なくないと思いますが、実はそれほど多くはありません。100g中の量はタラコが120.7mgとやや多いですが、カズノコは21.9mg、イクラはわずか3.7mgです。また、魚卵は塩分が多いこともあり、毎日たくさん食べるものでもありません。このため、プリン体という意味では過度に気にする必要はないでしょう。

 尿酸対策としては、プリン体が多い食材に注意するだけでなく、飲酒量を抑える体重を減らす(摂取カロリーを減らす)といった対策も欠かせません。野菜、海藻、キノコ類なども意識的にとり、バランスの良い食事を心掛けましょう。これらは尿酸に限らず、他の生活習慣病の予防でも繰り返し指摘されていることです。単品の丼物などより、小鉢がついた定食にしたり、居酒屋でのつまみではもずくやめかぶなどの海藻類を追加するといったことを日々実践していきましょう。

この記事は、「尿酸値を下げるための食事、すぐ着手すべき3つの対策」(執筆:伊藤和弘=フリーランスライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

3/3 page

痛風・尿酸
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.