日経グッデイ

Goodayクイズ

血液がドロドロだと脳卒中や心筋梗塞になりやすいってホント?

クイズで学ぶ「血管力」

 日経Gooday編集部

日経Gooday読者のみなさん、「カラダにいいこと、毎日プラス」していますか? Goodayクイズでは、今知っておきたい健康や医療のネタをQ&A形式でおさらいします。出題範囲は日経Goodayに掲載した記事です。ぜひ、今日からのセルフケアにお役立てください。ではさっそく、今週のGoodayクイズを始めましょう。

「血管力」に関する問題

【問題】今ではすっかり定着した「血液ドロドロ」という言葉。「血液ドロドロ」だと血管が詰まって脳卒中や心筋梗塞を起こしやすく、「血液サラサラ」だとその心配はない。これってホント? ウソ?

  • (1)ホント
  • (2)ウソ

 正解は、(2)ウソ です。

 今ではすっかり定着した「血液ドロドロ」という言葉。脂ぎって黒ずんだイメージがあり、いかにも不健康な印象を与えます。

 「血液ドロドロとは、水分が少なく、血小板の活性が高まって固まりやすくなっている状態。血液中のコレステロールや糖が多いことではありません」。そう話すのは、循環器系のエキスパートとしてテレビ出演も多い、池谷医院(東京都あきる野市)院長の池谷敏郎先生です。

「ドロドロ」や「サラサラ」よりも大事なことがある

 血液がドロドロだと、血管が詰まって脳梗塞や心筋梗塞を起こしてしまうから危険だと思いがちですが、「実際には、固まりやすい状態でも、そう簡単に血管内の血は固まらない。ドロドロやサラサラよりも大事なことがあるのです」と池谷先生は話します。それは、血管の内壁にできる、脂肪の詰まったコブ状の「プラーク」です。

 プラークは、動脈硬化が進行し、血管が老化することによって作られ、血管を狭くして血液の流れを悪くしていきます。やがて何かのはずみでプラークに傷がつくと、それをふさごうとして血小板が集まり、血栓(血の固まり)ができてしまいます。これが脳の血管を塞げば脳梗塞、心臓の血管(冠動脈)を塞げば心筋梗塞となります。

 「血液がサラサラであっても、加齢によって動脈硬化が進行していて、血管内にプラークが多い人もいます。サラサラでも血栓が詰まることがありますので、血液がドロドロかサラサラよりも、大事なのは“血管力”なんです」。

 池谷先生が話す“血管力”とは、具体的にどのようなことなのでしょうか? “血管力”を高めるには、何に気を付ければいいのでしょうか? さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

◆ おとなのカラダゼミナール
「血液ドロドロ」はどうして体に悪いの?

関連記事