日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > インフルエンザ検査は症状が出てから何時間後に行うといい?  > 2ページ

Goodayクイズ

インフルエンザ検査は症状が出てから何時間後に行うといい?

クイズで学ぶ「インフルエンザ検査」

 日経Gooday編集部

 正解は、(3)12時間後です。

検査で「陰性」でも感染の可能性はゼロではない

インフルエンザに感染しても検査で陰性と出ることも。写真はイメージ=(c)Henrik Dolle -123RF

 インフルエンザの典型的な症状は、「突然の発症」「38℃以上の発熱」「のどの痛みや咳、鼻水など上気道の炎症による症状」「筋肉痛や関節痛、倦怠感などの全身症状」の4つです。4つの症状が全て見られるときには、インフルエンザに感染している可能性が高くなります。

 症状が表れたばかりのときは、検査を受けても正しい診断結果が出ないことが多いので、12時間以上経過してから受診するといいでしょう。

 ウイルスが最も検出されやすいのは、発症後2~3日目とされています。ただし、その時期でも正しい診断率は高くても9割程度で、感染していても「陰性」の結果が出ることがあります。つまり、陰性と診断されても、症状から強く感染が疑われるときは、マスクの着用や手洗いをするようにしてください。

 感染してから症状が表れるまでの潜伏期間は1~3日。ですから、インフルエンザを発症した人と接触したことが分かったときには、数日間は症状に注意が必要です。

インフルエンザの治療法

 インフルエンザは軽症なら、解熱剤などの対症療法でも自然治癒することが多いので、必ずしも抗インフルエンザ薬での治療が必要なわけではありません。

 抗インフルエンザ薬での治療は、発症から48時間以内の開始が推奨されています。現在、一般的に使われているのは、以下の5つの薬剤です。いずれの抗インフルエンザ薬も、症状を軽くして発熱の期間を短くしたり、重症化するのを防いだりする目的で投与されます。即座に効果が表れるわけではないので、すぐに熱が下がらないこともあります。

[画像のクリックで拡大表示]
この記事は、「インフルエンザ、検査「陰性」でも感染している場合も」(執筆:田村知子=ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.