日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 快眠のための入浴は就寝何分前?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

快眠のための入浴は就寝何分前?

クイズで学ぶ「快眠のヒント」

 日経Gooday編集部

 正解は、(2)1時間前 です。

寝る前のお風呂は寝つきと睡眠の質を良くしてくれます。(©Tharakorn Arunothai-123rf)

 足利工業大学睡眠科学センター教授の小林敏孝さんによると、眠るときは本来、体をリラックスさせる副交感神経が優位になりますが、寒いと逆に体を緊張させる交感神経が高ぶるため、寝つきが悪くなります。

 冬の快眠対策として、小林さんは「入浴」をお勧めしています。

 ポイントは体温の変動です。「寝る前の入浴によって『深部体温』(脳や体の中心部の温度)を一時的に上げておくと、その後に体温が急降下します。この深部体温の下がり方が急激なほど、強い眠気がやってきます」と小林さんは説明します。

 そもそも、睡眠は体温の変化と密接な関係にあります。体温は昼間、活動しているときは高く、夜は徐々に下降して、眠っているときに最も低くなります。

 夜に「手足がぽかぽかしてくると眠くなる」というのは、体温が上がったように思いがちですが、実は体の深部ではまったく逆の現象が起こっているのです。ぽかぽかするのは手足の血管が拡張して、体内の熱を逃がしているから。その結果、深部体温はどんどん下がり、体をリラックスモードや入眠へと導く副交感神経が優位になります。ところが、手足が冷えていると、この熱放散がうまくいかず、深部体温が下がりにくくなってしまいます。このため、寝つきも悪くなるのです。

 入浴によって深部体温を一時的に上げれば、入浴後に温まった皮膚からの放熱が盛んになって、深部体温はがくんと下がります。

 さらに詳しい解説を読みたい方は、下記の見出しをクリックしてください。

◆ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル
就寝1時間前までの入浴で、寒い冬でもスッキリ快眠

関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.