日経グッデイ

Goodayクイズ

片頭痛の予防に使う、意外な病気の治療薬とは?

クイズで学ぶ「片頭痛」

 日経Gooday編集部

日経Gooday読者のみなさん、「カラダにいいこと、毎日プラス」していますか? Goodayクイズでは、今知っておきたい健康や医療のネタをQ&A形式でおさらいします。出題範囲は日経Goodayに掲載した記事です。ぜひ、今日からのセルフケアにお役立てください。ではさっそく、今週のGoodayクイズを始めましょう。

「片頭痛」に関する問題

【問題】片頭痛の発作が月に何度もある人には、片頭痛を起こしにくくする薬が処方されることがあります。片頭痛の予防には、ある病気の治療薬が使われることが多いのですが、その病気とは?

  • (1)糖尿病
  • (2)認知症
  • (3)てんかん

正解は、(3)てんかん です。

片頭痛発作を1カ月に4回以上起こす人や、発作のたびに寝込んでしまうほど重症な人には、抗てんかん薬などを使う「予防的治療」が勧められています。(©sabphoto-123rf)

 片頭痛の予防的治療は、片頭痛発作を1カ月に4回以上起こす人や、1回の発作が寝込んでしまうほど重症な人、発作に対する不安感や恐怖感が強いために生活に支障を来たしている人、意識障害や手足の麻痺を伴う特殊な片頭痛を持っている人が対象となります。「これ以外でも、片頭痛の特効薬である『トリプタン製剤』の効き目が今一つ感じられない場合は、予防的治療をお勧めしています」と、頭痛診療のエキスパートである東京女子医科大学脳神経外科客員教授の清水俊彦医師は話します。

 片頭痛の予防薬としてよく使われるのは、バルプロ酸ナトリウム(商品名:デパケンほか)やクロナゼパム(商品名:ランドセン、リボトリール)、トピラマート(商品名:トピナ)などの抗てんかん薬です。なぜ、てんかんの治療薬を使うことで、片頭痛の発作を予防できるのでしょうか。

 片頭痛とてんかんは、全く別の神経疾患ではありますが、「一過性・発作性の脳の病気」という点は共通しています。片頭痛でズキンズキンと脈打つような痛みが起こるのは、頭の中の太い血管が広がって三叉神経を刺激するためですが、てんかんでも発作時に脳血管が拡張することがあるなど、発症のメカニズムには様々な共通性があると考えられています。

 さらに詳しい解説はこちら。

◆専門医に聞く「難治性の頭痛」
薬が効かない! 頑固な片頭痛の対処法

関連記事