日経グッデイ

Goodayクイズ

宴会シーズンに気を付けたい急性膵炎、その原因の第1位は?

クイズで学ぶ「急性膵炎」

 日経Gooday編集部

みなさん、「カラダにいいこと、毎日プラス」していますか? このクイズでは今知っておきたい健康や医療のネタをQ&A形式でおさらいします。ぜひ、今日からのセルフケアにお役立てください。では、さっそくクイズを始めましょう。

「急性膵炎」に関する問題

【問題】“お腹のやけど”と呼ばれるほど強烈な炎症を起こす、急性膵炎。その「一番多い原因」と性別の組み合わせで、正しいのは次のうちどれでしょう?

  • (1)男性はアルコール、女性は胆石が最多
  • (2)男性は胆石、女性はアルコールが最多
  • (3)男女ともにアルコールが最多
  • (4)男女ともに胆石が最多

 正解は、(1)男性はアルコール、女性は胆石が最多 です。

急性膵炎は膵液が膵臓自体を溶かしてしまう病気

 膵臓はお腹の中央から左後ろあたりに存在する、全長10~15cmの臓器で、インスリンというホルモンを出して血糖を下げたり、膵臓の管(膵管)から消化酵素を含む膵液を出す働きがあります。

 急性膵炎は、膵液が膵臓自体を溶かしてしまう病気です。何らかの原因で膵液の流れが悪くなって膵管が閉塞すると、膵液は膵臓自体に向かいます。すると、膵液に含まれる酵素が膵臓や膵臓の周囲の組織を溶かし始めるのです。「行き場がなくなった膵液は膵臓の外にもあふれ、血液中にも入り込みます。こうして起こる急性膵炎は“お腹のやけど”と言われるほど、ひどい炎症を起こします」と、東京医科大学消化器内科学分野主任教授の糸井隆夫氏は話します。

 原因は性別によって異なります。「男性はアルコール、女性は胆石が第1位です(図)。ベースにあるのは、食生活の欧米化です。脂っこいものを食べながらアルコールを過剰に摂取すると、それに対処するために膵液がたくさん分泌され、膵臓への負担が増します」(糸井氏)。

図 急性膵炎の原因
対象は2007年の1年間に発症した急性膵炎患者2256例。原因として、男性はアルコール、女性は胆石が最も多い。(出典:厚生労働省 難治性膵疾患に関する調査研究班 平成22年度総括・分担研究報告書「重症急性膵炎の全国調査」)
[画像のクリックで拡大表示]

 胆石とは、胆汁に含まれる、コレステロール、レシチン、胆汁などのバランスが偏った結果、胆嚢(たんのう)内にできる結石で、その大半は脂っこいものの摂取から起こるコレステロール結石です。その石が胆管を経て膵管との合流部に届くと、膵液の流れが悪くなって閉塞してしまいます。

 急性膵炎は、男女いずれもアルコールを原因とすることが多いため、年末年始や春の宴会シーズンは要注意です。お酒や脂っこい料理を食べる機会が多い季節は、急性膵炎が増える傾向があります。

 急性膵炎の痛みは猛烈で、みぞおちの痛みとあわせて、背部痛もみられます。「お腹と背中の両方が痛くなる病気は、膵臓以外の病気ではなかなかみられません。中等度~重度になると七転八倒する痛みになり、エビのように、お腹と膝をくっつけてうずくまる体勢を取らざるを得なくなるほどの強い痛みです」(糸井氏)。

 治療には絶飲・絶食が基本で、軽症でも7~10日の入院が必要となります。重症化すれば10人に1人は死亡する、恐ろしい病気です。通常の健康診断で急性膵炎の前兆を把握することは難しく、「膵臓を酷使しないために、アルコールや脂っこい食事を大量に摂取しないこと。これが一番の予防です」と糸井氏は話しています。

この記事は、「お腹と背中が猛烈に痛い! その正体は急性膵炎かも」(執筆:田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事