日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > やっかいな“現代型肩こり”を解消する方法は?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

やっかいな“現代型肩こり”を解消する方法は?

クイズで学ぶ「筋膜マッサージ」

 日経Gooday編集部

 正解は、(1)ホント です。

現代の肩こりは「揉む」だけでは治らない?(©Eric Gevaert-123rf)

 「便利で近代的な生活の中で生じた肩こりは、かつてとは違い、昔ながらの強く揉むといった施術が効かなくなっています。その大きな理由は、現代の肩こりが肩や首の周りにある小さな筋肉をはじめとして、特に『筋膜』などにダメージが蓄積しているからだと考えています」。そう話すのは、I.P.F.研究所主宰の磯﨑文雄さんです。

 磯﨑さんによれば、昔の肩こりは仕事に伴う大がかりな手作業、いわば肉体労働的に大きな筋肉を使ったことで起きていました。対して、現代の場合は、パソコンやスマートフォンなどの操作を伴う、小さな筋肉を酷使し続けることに原因があるといいます。

 「ほんの10年、20年前までは、肩の表層にある大きな筋肉群を強くほぐすことで凝りは解消できました。ところが深層部にある小さい筋肉群に凝りができると、昔ながらの施術ではそこまで刺激が届かず、慢性的なしつこい凝りが続いていしまうのです」(磯﨑さん)

 こうした現代型肩こりを解消するためのキーワードが、筋肉を覆っている「筋膜」にあると磯﨑さんは言います。

 筋膜と筋肉の癒着を効果的に取り除き、深層の凝りを取る磯﨑さん独自のメソッド「筋膜マッサージ」。詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

◆冬の肩凝り完全撃退!
「筋膜マッサージ」でやっかいな“現代型肩こり”解消

関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.