日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > お酒の前に牛乳を飲むと酔いにくくなる?  > 2ページ目

Goodayクイズ

お酒の前に牛乳を飲むと酔いにくくなる?

クイズで学ぶ「お酒の酔いやすさ」

 日経Gooday編集部

 正解は、(1)多少酔いが回るのが遅くなる です。

牛乳で胃からのアルコール吸収が妨げられる

(写真はイメージ=123RF)
(写真はイメージ=123RF)

 お酒を飲む前に牛乳ヨーグルトを飲んでおくと、胃に膜ができて吸収が遅くなる、という話を聞いたことがあるかもしれません。吸収が遅くなれば酔いにくくなり、いつもよりお酒が多く飲める、と思うかもしれません。実際のところはどうなのでしょうか。

 東海大学医学部内科学系消化器内科学領域主任教授の鈴木秀和さんは、「アルコールは腸だけでなく、胃からも吸収されます。空腹状態でアルコールを飲むと、すぐに胃から吸収されてしまうので酔いが回りやすいのですが、先に牛乳などを飲んで胃の粘液層に牛乳やヨーグルトをべたっと貼り付けておくと、アルコールの胃からの吸収が妨げられるので多少酔いが回るのが遅くなります」と解説します。

 酔いが回るのが少し遅くなるのであれば、結果として普段より多くお酒を飲めるかもしれません。しかし、そのような飲み方は健康的と言えるでしょうか。

 「胃からのアルコール吸収を妨げても、その後で腸から全て吸収されてしまいます。体に入るアルコール量を減らすわけではないので、たくさん飲めるようになることがいいとはいえません」(鈴木さん)

 一方で、牛乳がアルコールから胃を守る効果はあるのでしょうか。

 鈴木さんによると、「多少はそういう効果があるかもしれませんが、アルコールで胃が荒れるのは原液くらいに濃いアルコールを飲んだときです。そんなに濃いものを飲めば、胃より先に食道に炎症を起こしてしまいます」とのことです。

 鈴木さんは、胃の働きの観点からも、アルコール量は少なめに抑えるのがお勧めだと話します。「少量であれば、胃酸の分泌や胃腸の運動を促進するなど胃の働きを活性化させます。しかし、ガバガバと大量に飲めば、かえって胃の動きが悪くなり食欲が落ちてしまいます。そうもいかないという方もいるとは思いますが、健康的にお酒を楽しみたいなら、食前にビール1杯程度で終わりにするのがいいでしょう」(鈴木さん)。

この記事は、 「げっぷが出すぎる」「小食で胃が縮む?」「お酒の前に牛乳」 名医が回答(堀田恵美=ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

飲酒
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.