日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > 更年期になると性欲はなくなる?  > 2ページ
印刷

Goodayクイズ

更年期になると性欲はなくなる?

クイズで学ぶ「更年期とセックス」

 日経Gooday編集部

正解は、(1)ホント です。

更年期以降のセックスは、お互いを思いやり、触れ合って癒し合うためのコミュニケーション手段です。(©Cathy Yeulet-123rf)

 意外に思うかもしれませんが、性欲をつかさどるホルモンは男性ホルモンであり、女性ホルモンが減少することで直接的に性欲が減退することはありません。「中には、女性ホルモンが減少することで、以前から分泌されていた男性ホルモンの働きが活性化し、更年期を境に急に性欲が高まることもあります」と、更年期医療のパイオニアである東京女子医科大学附属成人医学センター准講師の東舘紀子医師は話します。

 では、多くの女性が更年期の症状として「性欲減退」を挙げるのはなぜでしょうか? その最大の理由は、セックスに伴う痛み(性交痛)だと考えられています。

 女性は性的に興奮すると、女性ホルモンの働きにより、膣の入り口の左右にあるバルトリン腺から分泌液が放出されます。しかし、閉経後は分泌液があまり出なくなり、膣内だけでなく外陰部も乾燥した状態になります。さらに、膣粘膜や外陰部の皮膚が萎縮して薄くなる「萎縮性膣炎」を起こしやすくなります。この状態でセックスを行うと性交痛を生じるため、セックス自体が苦痛になって、結果的に性欲が減退するケースが多いとされているのです。

 もちろん、女性ホルモンの減少量には個人差があり、閉経後も膣の萎縮などが少なくセックスが苦痛にならない人もいます。また、膣内に挿入するタイプの女性ホルモン製剤(膣坐薬)を使って膣の萎縮や乾燥を改善したり、潤滑ゼリーを活用することで、性交痛を和らげることも可能です。「更年期以降のセックスは性欲を満たすだけの衝動的なものでも、生殖を目的とするものでもありません。お互いを思いやり、触れ合って癒し合うためのコミュニケーション手段です」(東舘医師)。自分やパートナーの心や体の変化を踏まえて、人生の後半をともに過ごしていく関係を大切にしたいですね。

 さらに詳しい解説はこちら。

◆専門医に聞く「女性更年期」
意外に知らない更年期とセックスの関係

関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.