日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 酒飲みなら気になる「γ-GTP」、下げるにはどうする?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

酒飲みなら気になる「γ-GTP」、下げるにはどうする?

クイズで学ぶ「肝機能」

 日経Gooday編集部

 正解(間違っている項目)は、(2)脂肪肝では上がらないです。

 中高年齢層の方なら、健康診断のγ-GTP、ALT、ASTなど、肝機能検査の数値が気になる人は少なくないでしょう。

 肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるだけあって、多少肝機能の数値が悪くなったくらいでは自覚症状が出ないのが怖いところです。「とりあえずは問題ないから」と放置し続けるうちに、肝硬変、そして肝臓がんなどに至るという事態は避けたいところです。

酒好きが気になる肝機能の数値といえば「γ-GTP」だろう。(c)KAZUMA SEKI-123RF

 肝機能の数値の中でも、気にする人が多いのが「γ-GTP」。酒飲みはγ-GTPが高くなることは広く知られており、酒好きには気になる数値です。

 肝臓専門医で自治医科大学附属さいたま医療センター消化器内科元准教授の浅部伸一さんは、「γ-GTPは肝臓の解毒作用に関係する酵素で、飲酒により上がります。多くの健診で調べられるので、これで引っかかる人は多くいます。このため、お酒をよく飲んでいる人でγ-GTPが高いという人は、酒量を減らすのが対策の基本となります」と話します。

 厚生労働省は「健康日本21」の中で適度な酒量(適量)として1日にアルコール20g程度を推奨しています。これはビールなら中瓶(500mL)1本、日本酒なら1合(180mL)程度、アルコール度数25度の焼酎なら0.6合(110mL)程度、ワインならグラス2杯程度に相当します。酒飲みでγ-GTPが高い人は、日々の飲酒量をこの適量まで抑えましょう。

 ただし、γ-GTPが上がる原因はアルコールだけとは限らないと浅部さんは話します。「脂肪肝になっても上がりますし、胆石、胆管の病気、薬の影響で上がることもあります。お酒を控えても数値が下がらない場合、アルコール以外に原因がある可能性が高いでしょう」(浅部さん)。

γ-GTPの基準値は医療機関によりばらつきが

 では、γ-GTPはいくつ以上になるとまずいのでしょうか。

 「基準値(基準範囲)を気にする人が多いのですが、そもそも基準値とは90%くらいの人が入るという意味で、少しでも超えたら異常というわけではありません。特にγ-GTPの基準値は曖昧で、検査機関によって50~85(U/L)くらいまでのばらつきがあります」(浅部さん)

γ-GTPの基準値の例
基準範囲要注意異常
γ-GTP50以下51~100101以上
(単位:U/L)  ※日本人間ドック学会「検査表の見方」より

 それだけ幅があると判断に悩みますが、「γ-GTPの数値が3ケタになったら受診したほうがいいと思いますが、基準値を1割ほど超えているくらいなら過度に心配しなくてもいいでしょう」と浅部さん。

健康診断の肝機能の検査結果例。ALT、AST、γ-GTPの3つは必ず載っている。※基準値は検査機関により異なる
[画像のクリックで拡大表示]

 浅部さんは、大切なのは前回からの変化だと指摘します。「毎年ジワジワと上がり続けているようなら要注意。脂肪肝が進んでいるのかもしれませんし、何か改善すべきことがある可能性があります」(浅部さん)。

 つまり、γ-GTPが基準値を少し超えているくらいなら神経質になる必要はありませんが、毎年上がり続けるようなら注意が必要ということです。

 なお、γ-GTPを下げるため、健康診断の前だけ禁酒する人もいますが、それはやらないでほしいと浅部さんは話します。

 「普段は毎日お酒を飲んでいるのに、検査の前だけ1週間禁酒するといったことはやめてください。1週間から2週間も禁酒するとγ-GTPは下がりますが、それはその人の実力ではありません。あくまで病気を見つけるために検査しているのであって、数値を下げることが目的ではありません」(浅部さん)。

この記事は、「『γ-GTPを下げるには酒を減らすしかない?』 読者の悩みに名医が回答!」(執筆:伊藤和弘=フリーランスライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

飲酒
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.