日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > 食後の「血糖値スパイク」はなぜ怖い?  > 2ページ
印刷

Goodayクイズ

食後の「血糖値スパイク」はなぜ怖い?

クイズで学ぶ「食後血糖値」

 日経Gooday編集部

 正解は、(1)ホントです。

「食後高血糖」が複数回あれば、それだけで糖尿病

 糖尿病を診断する指標には血糖値HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー;過去1~2カ月の血糖値の平均を反映する数値)があり、通常、健康診断の血液検査では、空腹時血糖値(食後10時間以上経過した状態の血糖値)とHbA1cが測定されます。空腹時血糖値が126mg/dL以上、あるいはHbA1cが6.5%以上だと、「糖尿病の疑いあり」と判定され、再検査を受けることになります(※両方とも基準を上回った場合は、再検査なしに糖尿病と診断される)。

 「この2つの数値は糖尿病を診断する上で大切な検査ですが、大きな問題点もあります。それは、食後の血糖値が急激に変動する血糖値スパイクの存在を把握できないことです」。東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科教授の西村理明さんはそう話します。

 血糖値スパイクとは、食後に血糖値が急激に上昇し、また下がること。「実は、糖尿病の診断基準では、空腹時血糖値だけでなく、食後高血糖も重要視しています。HbA1cや空腹時血糖値が正常でも、食後高血糖が複数回認められれば、それだけで糖尿病と診断されるのです(*1)」(西村さん)。

*1 ブドウ糖入りの水溶液を飲んでから1時間後、2時間後血糖値を調べる「ブドウ糖負荷試験」で、2時間後の血糖値が複数回200mg/dL以上だった場合、糖尿病と診断される。
炭水化物の重ね食いは「血糖値スパイク」を招きやすいので要注意。(c)ahirao-123RF

 なぜ、血糖値の急変動は問題になるのでしょうか。「食事のたびに血糖値が急上昇して再び下がるのを繰り返すのは、言い換えると、血液が急激に濃くなったり、薄くなったりを繰り返すということです。濃度の変動の激しい血液が流れると、血管の内側が傷つきやすくなるのです」と西村さんは説明します。

 血管の内側が傷つくと、そこに悪玉コレステロールが入り込み、プラークという塊になります。これがつぶれて血管内に流れ出すと心筋梗塞や脳梗塞、もろくなった血管が裂けて出血した場合は脳出血や大動脈瘤破裂を引き起こします。「血糖値スパイクは、このように死をもたらす怖い病態であるのに、空腹時血糖値やHbA1cだけでは見過ごされてしまうのです」(西村さん)。

「ゆびさきセルフ測定室」なら簡単に食後血糖値が測れる!

 自分の正確な食後血糖値を知るには、医療機関で「ブドウ糖負荷試験」を受ける必要がありますが、最近一部の薬局などを中心に設置が広がっている「検体測定室」(ゆびさきセルフ測定室)を利用するのもお勧めです。

 ゆびさきセルフ測定室は、利用者自身が指先から採ったわずかな血液で、血糖値やHbA1c、中性脂肪などをその場で測ってくれるスペースです。必要な時間は数分~10分程度で、多くの場合、事前予約も必要ありません。食後に測定すれば、食後に自分の血糖値がどれくらい上がっているかを知ることができます。ゆびさきセルフ測定室は2019年9月末現在、全国で1737件が運営されており、設置場所は検体測定室連携協議会のホームページで検索できます。

 「食後高血糖は、太っていない40代くらいの女性にも見られます。空腹時血糖値やHbA1cからは、食後の血糖値がどのくらい跳ね上がるかを把握することはできません。『まさか』と自分を過信しないで、ぜひ一度足を運んでみてください」と西村さんは話しています。

この記事は、健診では分からない「隠れ糖尿病」に要注意!(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.