日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Goodayクイズ  > 目薬をさした後、「目をぱちぱちさせる」「目頭を押さえる」はOK?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

目薬をさした後、「目をぱちぱちさせる」「目頭を押さえる」はOK?

クイズで学ぶ「目薬のさし方」

 日経Gooday編集部

 正解は、(2)目頭を押さえる です。

正しい目薬のさし方は、「目薬をさした後に目頭を押さえる」

 「目薬をさすとき、患者さんたちに見られる代表的な間違いは、『目薬をさしてから目をぱちぱちさせる』『目薬をさしてすぐティッシュでふく』の2つです」。そう話すのは、二本松眼科病院副院長の平松類氏です。

 目薬をさした後に目をぱちぱちするのは、なぜ間違いなのでしょうか?

 「ぱちぱちとまばたきをするとき、人間は涙を分泌して目を潤します。乾いたときなどにまばたきをするのは、目を守るためには大切なことです。しかし、目薬をさしてすぐにぱちぱちすると、涙が出て薬が薄まってしまいます」(平松氏)。薬の濃度が低くなれば、効果も低くなってしまいます。

 では、「目薬をさしてすぐティッシュでふく」はどうでしょうか。「ティッシュでふけば、まぶたがかぶれたり、目のまわりがヒリヒリすることを防げそうですが、実は、これもしてはいけないことです。目からこぼれた分だけティッシュでふくのは問題ありませんが、重要な違いは『ティッシュが目に触れるかどうか』です。目薬をさした後に目頭や目尻に直接ティッシュを当てれば、目にたまった薬液がティッシュに吸収されてしまい、効果が落ちてしまいます。ティッシュが目に触れてはいけません」と平松氏は話します。

 正しい目薬のさし方は、「目薬をさした後に目頭を押さえる」です。

 「目薬は目に入った後、目頭の方から鼻に入って、その後口へと流れていきます。そのため、目薬をさすと『苦く感じる』ということが起きます。ただ苦く感じるだけならよいのですが、目に薬液がたまらずに鼻や口に流れていってしまうことで、薬液の効果も減り、副作用が増えます。それを防ぐために、『目頭を押さえて、薬が鼻や口に流れていくのを防ぐ』ことが大事なのです」。そう平松氏は話します。

 正しい目薬のさし方の流れを確認してみましょう。「手を洗って、目に目薬を1滴たらす。静かに目を閉じて目頭を押さえる。これが正解です」(平松氏)。

「正しい目薬のさし方」は意外に知られていません。(写真=123RF)
「正しい目薬のさし方」は意外に知られていません。(写真=123RF)

 なお、目薬を開封した後、「なんとなくもったいない」という気持ちになって、カバンや薬箱に長期間保存してしまいがちですが、それも避けましょう。「点眼薬の瓶には消費期限が書いてありますが、あれは『瓶を開けない状態で保存が可能な期間』です。目薬は一般的に防腐剤が含まれていても1カ月程度しか効果を持続できません」と平松氏は注意を促します。

 また、2種類以上の目薬をさすときに、間隔をあけずに連続でさすことも好ましくありません。「眼科の教科書的には、5分間隔をあけるのがよいとされています。けれども、実際には5分あけるのはなかなか難しいですよね。そういう場合にお勧めしているのは、食事の前と後というように、何かの行動の前後に点眼すると決めることです。どうしても急いでいて一気に済ませたいという場合は、せめて1分でもいいので、間をあけてください」(平松氏)。

この記事は、 98%の人が間違えている目薬のさし方(平松類=眼科専門医)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.