日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > 薄毛が気になってきたら、シャンプーはどのくらいの頻度がいい?  > 3ページ
印刷

Goodayクイズ

薄毛が気になってきたら、シャンプーはどのくらいの頻度がいい?

クイズで学ぶ「男性の薄毛対策」

 日経Gooday編集部

シャンプーのし過ぎ、実はダメ

 脱毛の予防には健康的な生活を送る努力も大切です。ストレスは髪に良くありません。精神的・肉体的に余裕のある生活を送るようにしましょう。そして、髪の元になるのはたんぱく質。バランスの良い食事を心がけましょう。喫煙は、頭皮の血管を収縮させるのでNGです。

 気を付けなければならないのは、実はシャンプーのし過ぎ。育毛シャンプーの広告では頭皮の脂が脱毛の原因であるかのような表現をする場合がありますが、坪井さんによれば「脂を取りすぎると毛根が小さくなり、毛も細くなりやすい」のだそうです。

 日本人ほど、毎日風呂に入りシャンプーする国民はいませんが、健康な頭皮には適度な脂が必要です。坪井さんは「運動習慣などにもよるが、2~3日に1回のシャンプーが望ましい」と話します。そのほか、頭皮の保湿効果のあるヘアケア製品を使ったり、フケが多いときはフケ用製品を使用するなど頭皮の健康を守ることが大切です。

髪に優しい生活習慣は?
髪の元になる良質のたんぱく質と、鉄、銅、亜鉛などのミネラルが不足しないよう心がける(ワカメ、昆布は発毛に無関係)
血行を悪くするタバコは吸わない
シャンプーは2~3日に1回くらいが適当
睡眠をしっかり取り、精神的、肉体的にゆとりのある生活を送ること
この記事は、「年々進む薄毛を抑えるならシャンプーは2~3日に1回」(執筆:荒川直樹=科学ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.