日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > 薄毛が気になってきたら、シャンプーはどのくらいの頻度がいい?  > 2ページ
印刷

Goodayクイズ

薄毛が気になってきたら、シャンプーはどのくらいの頻度がいい?

クイズで学ぶ「男性の薄毛対策」

 日経Gooday編集部

正解は、(3)2~3日に1回 です。

(イラスト:川崎タカオ)

 男性型脱毛症(AGA)は、主に前頭部と頭頂部の頭髪が、柔らかく細くなって薄くなっていきます。思春期以降に始まり、徐々に進行して40代で誰の目にも明らかな状態になってしまいます。東京医科大学皮膚科の坪井良治教授によれば、日本人男性では30代で約10%、60代で約50%、平均すると成人男性の30%が男性型脱毛症(AGA)を気にしているそうです。

男性ホルモンの活性化が原因

 AGAが「男性型」である理由は、男を男たらしめているホルモンが深く関与しているからです。主要な男性ホルモンであるテストステロンは、体内で「5α還元酵素」の働きによって、より活性が強いジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、前立腺、精嚢(せいのう)などいくつかの臓器の機能に関わっています。

 問題は、この5α還元酵素が、頭髪の根元(毛根)を包む「毛包」という部分でも働いているということ。「髪は2~6年かかって太く長くなり、3~4ヵ月の休止期を経て徐々に抜けていきます。これが髪のサイクルですが、5α還元酵素が作り出したDHTが強く働くと、脱毛シグナルが出され早めに抜けてしまう」(坪井さん)のだそうです。髪が育たないうちに抜けてしまうから、細い短い毛髪が多くなり、全体として薄毛が目立つようになります。そして、やがては完全に毛根が失われてしまうのです。

1年の薬物治療で6割の人が改善

 AGAを改善しようと、これまで様々な方法が考えられてきました。頭皮の血行を促進する育毛剤から、電気や光を当てるものまで様々ですが、現在では世界的な臨床試験で発毛効果の認められた医薬品による治療を皮膚科で受けるのが中心です。

 その医薬品が、塗り薬である「ミノキシジル」(商品名:リアップ)と、飲み薬「フィナステリド」(商品名:プロペシア)です。ミノキシジルとフィナステリドは、作用メカニズムが全く異なるので相乗効果も期待できます。アメリカでは、男性の軽症から中等度のAGA患者の治療法として、フィナステリド内服と、ミノキシジル5%外用薬の併用療法が一般的になっているそうです。

 坪井さんは「効果は個人差はあるが、多くの人で脱毛症の進行が止まり、毛が生えてくる」と話します。例えば、プロペシアの場合は、1年続けると58%、3年続けると78%の人が、自分でも分かるぐらい脱毛が改善するそうです。

 そして昨年、新たな医薬品が登場しました。それが「デュタステリド」(商品名:ザガーロ)という飲み薬。5α還元酵素の阻害剤であることはフィナステリドと同じですが、実は、5α還元酵素には1型と2型があります。フィナステリドは2型にしか作用しませんが、デュタステリドは1型、2型の両方に作用します。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.