日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 健診で「要経過観察」なら受診しなくても良いってホント?  > 2ページ目

Goodayクイズ

健診で「要経過観察」なら受診しなくても良いってホント?

クイズで学ぶ「健康診断」

 日経Gooday編集部

 正解は、(2)間違い です。

 職場健診の判定で「異常なし」以外の結果が出た場合は、何らかの生活改善を行う必要があります。職場健診は、病気の可能性がある人をふるい分けする「スクリーニング検査」であり、もともと自覚症状のない人を対象としたものだからです。自覚症状がないうちに異常を見つけ、対処することが職場健診の目的。「要経過観察」「要注意」と判定されたときは、社内の診療所や健診を受けた医療施設などで指導を受けて、生活習慣を改善し、積極的に自身の健康と向き合いましょう。

 「要再検査」「要精密検査」という判定には、さらに注意が必要です。「要再検査」の場合、異常が本当に病気かどうかを確認する必要があり、放置すれば病気を見逃す恐れがあるということ。「要精密検査」の場合には、がんなどの重篤な病気を疑うケースも多いので、必ず検査を受けましょう。

 「要再検査」や「要精密検査」と判定された項目があっても、自覚症状がないと、多忙を理由に検査を受けない人は多いようです。職場健診の診断結果を、学生時代の成績表のように見て終わりではなく、判定の意味を正しく理解し、「要塞検査」「要精密検査」の項目があれば必ず検査を受けること。「要経過観察」「要注意」の場合にも、医師や保健師に相談の上、生活習慣を改善し、次回の健診も必ず受けることが大切です。

図1◎ 健康診断の判定基準の例
判定結果説明概要
A異常なし今回の検査では異常が認められない
B要経過観察軽度の異常が認められるため、生活を改善し、経過を観察する
C要注意軽度の異常が認められるため、生活を改善し、自覚症状やデータ値の変化などに注意する
D要再検査中程度の異常が認められるため、再検査を必要とする
E要精密検査強い異常が認められるため、精密検査を必要とする
F要治療医師による治療を開始する必要がある
※職場健診の判定基準や所見は、実施する各医療機関や健診施設によって異なる。例は一般的な判定基準を基に編集部で作成。

 さらに詳しい解説はこちら。

◆知ってビックリ! 健診のウソ・ホント
「要経過観察」なら、そのまま様子を見ていてもいい?

関連記事

(構成:高橋三保子=フリーライター)

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.