日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 結核に似た症状の病気「肺MAC症」 感染の原因は?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

結核に似た症状の病気「肺MAC症」 感染の原因は?

クイズで学ぶ「肺MAC症」

 日経Gooday編集部

 正解(肺MAC症の説明として間違っているもの)は、(1)ヒトからヒトへ感染するケースが多い です。肺MAC症はヒトからヒトへほとんど感染しません。

水や土のなかにいる細菌に“感受性”のある人が感染

 「肺MAC症」は、非結核性抗酸菌症の一種で、その約9割を占めています。日本では毎年、新たに約5000人以上が非結核性抗酸菌症を発病しており、その数は2007年から14年の7年間で2.6倍に達したという報告もあります。

 非結核性抗酸菌は水辺や土のなかにいます。その非結核性抗酸菌が3万5000年前に突然変異を起こし、ヒトからヒトへと感染するようになったのが結核菌です。

 非結核性抗酸菌はヒトからヒトへ感染することがないため、その存在は結核の影に隠れていました。肺MAC症の治療に取り組んでいる複十字病院(東京都清瀬市)安全管理特任部長の尾形英雄さんは、「これまでの世界的な研究で、結核の感染率が低下すると、非結核性抗酸菌症の罹患率が高まることが知られています」と解説します。

 非結核性抗酸菌の多くは結核菌と比べて病原性は弱く、病気の進行はゆっくりで、感染してもしばらくは無症状のことが多いのが特徴です。肺MAC症でも10年以上という時間をかけて、ゆっくり肺や気管支で増殖し、慢性的な炎症を起こし、咳や痰が増えるといった症状が出るようになります。

 症状が進行すると、持続的な発熱や全身のだるさ、食欲低下による体重減少が起こるようになります。さらに進行すると肺の機能が急速に低下し、自宅で酸素濃縮器を使った酸素の吸入が必要になるなど、命に関わる慢性呼吸不全になってしまいます。

写真はイメージ=123RF
写真はイメージ=123RF

 尾形さんは「感染しやすいのは40歳以上の女性。しかも専業主婦が目立ちます」と話します。性差が生まれる原因については分かっていませんが、専門家は生活習慣も大きく関わっていると考えます。

 例えば、重要な感染場所と考えられているのが浴室です。非結核性抗酸菌が湯船と給湯器の間のパイプのなかにバイオフィルムという塊を作ってすみ着き、湯船に流れ込むことが分かっています。

 湯船につかるだけでは感染しにくいのですが、「浴室を掃除するとき、勢いよくシャワーで流すと、原因菌を含む残り湯が直径5μm以下の『エアロゾル』になって肺の奥深くまで吸い込まれ、感染してしまうのです」(尾形さん)。また土壌のなかにいる非結核性抗酸菌は、ガーデニングなどの際に感染すると考えられています。

 家庭のなかで風呂掃除や庭の手入れなどを行う時間が多いのが女性であるため、感染数も多いと考えられます。

 尾形さんは、肺MAC症にかかりやすい人の特徴として「生真面目でストレスが多い人。やせ型の人」という特徴も挙げています。実際、BMIが18.5未満の「やせ型」の人の発症リスクが高いという臨床報告があり、それは男性でも同じです。

 こうした患者さんに多くの専門家が勧めるのは「体重を増やすこと」。食事時間の工夫、十分な栄養管理などを行い、体重を増やした人は、病気の予後がいいと尾形さんはアドバイスします。

この記事は、 風呂掃除が原因で感染? 結核に似た「肺MAC症」が増加中(荒川直樹=科学ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.