日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > EDの原因は加齢だけ?  > 2ページ
印刷

Goodayクイズ

EDの原因は加齢だけ?

クイズで学ぶ「EDの原因」

 日経Gooday編集部

 正解は、(1)ホントです。

50代から60代にかけて起きるEDのベースには血管の老化

 EDとは、満足な勃起が得られない、あるいは勃起を維持できず性交で満足感を得られない状態をいいます。「性交はうまくいかないけどマスターベーションは問題ない」「5回の性交のうち4回はうまくいく」という人もEDに該当します。「性交はできるが硬さが足りない」という人も軽症のEDといえます。

 昭和大学藤が丘病院副院長・泌尿器科教授の佐々木春明さんによると、EDの発症年齢のピークは2つ。第1のピークは30代後半から40代前半の子作り世代で、多くは精神的な理由による「心因性ED」。第2のピークは、50代から60代にかけて起きる「器質性ED」です。

図1 EDになりやすい年齢のピークは2つある
(資料提供:昭和大学藤が丘病院泌尿器科)
[画像のクリックで拡大表示]

 「器質性EDは、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病や、メタボリックシンドローム、肥満、加齢などにより、血管が硬く、もろくなる(老化する)ことが原因で起こります。性的な刺激を受けると、脳から『勃起しなさい』という指令が出ます。それが勃起神経に伝わって陰茎動脈に血液が流れるのですが、老化した血管は硬くて血液がうまく流れ込みません。十分な血液が届かないので、勃起しても硬さが足りない、あるいは勃起しない状態に陥ります」と佐々木さんは解説します。

 「陰茎動脈が硬いということは、EDの人は動脈硬化を起こしている、あるいは起こしかけているということを意味します。理由は、他の動脈に比べると陰茎動脈が細いからです。動脈硬化は細い血管から先に起こるため、真っ先にやられるのが血管の細い陰茎です。狭心症や心筋梗塞が起きる前から、陰茎では動脈硬化がひそかに進行しつつあるのです」(佐々木さん)。

 つまり、ED患者は、心筋梗塞や脳卒中患者の予備軍だと佐々木さんは説明します。その一方で、日本人のED患者の受診率は推計8%(*1)と、非常に低い数字にとどまっているのが現状です。

 「EDの治療薬はインターネットでも入手できますが、それらの約4割が偽造品という調査報告(*2)もあり、成分の含有量が多くて効きすぎたり、全く含まれなかったりと、悪質な偽造薬が出回っています。ネズミを殺す殺鼠剤や、中枢神経興奮作用を持つアンフェタミンを含むこともあり、正規のED治療薬よりも副作用が多く、死亡例もあります。ぜひ医療機関を受診していただきたいと思います」と佐々木さん。

 受診の目安は、朝勃ちとマスターベーションです。「若い頃に比べて硬さが足りない、朝勃ちが減った、と感じたら動脈硬化が進んでいるかもしれません。50歳を過ぎて気になる兆候があれば、検査を受けることをお勧めします。血糖、コレステロール、中性脂肪などの項目のほか、動脈の硬さを調べる検査も有効です。受診は、泌尿器科か内科、あるいは血管についての検査設備のある循環器科でもいいでしょう」と佐々木さんはアドバイスしています。

*1 ファイザー社による推計
*2 偽造ED治療薬4社合同調査結果2016(調査期間:2016年3~8月)
この記事は、EDは性機能の障害だけでなく、動脈硬化の前ぶれ(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.