日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Goodayクイズ  > 破裂すると怖い「脳動脈瘤」は、メタボの人にできやすい?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

破裂すると怖い「脳動脈瘤」は、メタボの人にできやすい?

クイズで学ぶ「脳動脈瘤」

 日経Gooday編集部

 正解は、(2)ウソです。

脳動脈瘤は、血流の物理的な刺激で生じる

 脳ドックなどで偶然見つかることの多い、脳動脈瘤破裂すればくも膜下出血となり、致死率は30%を超えるといわれています。この脳動脈瘤とはどんなもので、どんな人にできやすいのでしょうか。

 「動脈瘤は動脈の一部がコブ状に膨らむもので、これが脳の動脈にできると、脳動脈瘤と呼ばれます。その多くは動脈が枝分かれするところにできます(図1)。血管の分岐部は血流が当たり続けるため、壁が弱くなり、コブのように膨らみやすいのです」。脳動脈瘤治療の名医として知られる昭和大学医学部脳神経外科学講座主任教授の水谷徹さんは、そう説明します。

図1 脳動脈瘤ができる場所
脳動脈瘤は、脳を覆う軟膜とくも膜の間にある「くも膜下腔」というスペースにできる。多くは脳動脈が枝分かれするところに発生する。原図(c)Roberto Biasini-123RF
[画像のクリックで拡大表示]

 「動脈の病気はメタボリックシンドローム(メタボ)の人に多いと思われがちですが、脳動脈瘤の多くは、メタボの有無とは関係なく、血管壁に血流が当たるという物理的な刺激で生じます。メタボの人によく見られる、血管の中にコレステロールなどがたまる動脈硬化とは成り立ちが全く違うのです」(水谷さん)

 脳動脈瘤が顕著に多いのは喫煙者です。また、近親者にくも膜下出血を起こした人や脳動脈瘤のある人がいるなど、遺伝的要素も影響します。年齢でいえば若い人より中高年に多く、性別では男性より女性のほうが1割ほど多いのが特徴です。女性に多い理由は分かっていません。

 脳ドックを受診して未破裂の動脈瘤が見つかる割合は、およそ25人に1人(*1)。決して少なくない頻度といえますが、脳動脈瘤があっても破裂しないまま一生を終える人も多く、年間破裂率の全体平均は0.95%とされます(*2)。

3mmを超えると要注意、近年は血管内治療が増えている

 「脳動脈瘤は大きいほど破裂しやすいため、2mm程度の小さいものであれば、多くの場合は経過観察となります。しかし3mmを超えると要注意です。3~4mmなら年間破裂率は0.4%ですが、5~6mmで0.5%、7~9mmで1.7%、10~24mmで4.4 %、25mm 以上なら33.4%に跳ね上がります。 必ず破裂するとは限らない、治療にはリスクも伴う、こうしたことを合わせて考えると、患者さんの意向によっては、4~5mmでも治療せず様子を見ることもあります」と水谷さんは話します。

 脳動脈瘤の治療方法は大きく2つ、頭蓋骨を開けて行う開頭手術(クリッピング術)と、開頭しないでカテーテルによって治療する血管内治療があります。開頭手術は年々減少傾向で、血管内治療が増えつつあります。治療を受ける医療機関を選ぶときは、「脳動脈瘤の症例数(その医療機関で治療を受けた患者の数)をチェックしましょう。症例数が多い医療機関ではおのずと医師の技量が上がるので、参考になります。加えて、治療成績まで公表しているかどうか、そして血管内治療と開頭手術の両方をバランスよく実施しているかどうかも大切です」と水谷さんはアドバイスしています。

*1 Imaizumi Y, et al. J Neurosurg. 2018:Apr 6;1-6.
*2 7000人規模で実施した日本人の調査(UCAS Japan 2012年)による。
この記事は、破裂すればくも膜下出血! 脳動脈瘤はどう治療する?(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.