日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > 糖質制限のやり過ぎは男性ホルモンを減らす?  > 2ページ
印刷

Goodayクイズ

糖質制限のやり過ぎは男性ホルモンを減らす?

クイズで学ぶ「男性ホルモンと食事」

 日経Gooday編集部

 正解は、(1)ホントです。

 男性ホルモン(テストステロン)の低下は、性機能の不全だけでなく、さまざまな疾患に影響することがわかっています。

 順天堂大学大学院 泌尿器外科学教授の堀江重郎さんは、「テストステロンが減少すると、血液中のHDL(善玉)コレステロールが下がり、LDL(悪玉)コレステロールが上昇して動脈硬化が進み、血管系疾患を引き起こします」と話します。ほかにも、抑うつ症状や認知機能の低下、骨粗しょう症に内臓脂肪の増加、インスリン抵抗性の悪化による糖尿病やメタボリック症候群のリスクファクターになるそうです。

 食事において男性ホルモンと大きく関わってくるのが、炭水化物の制限です。

 「炭水化物に含まれる糖質を過剰に摂取すると、体脂肪が増えて、肥満の原因になることはよく知られています。しかし糖質の摂取が少ないと男性ホルモンを減らしてしまい、運動しても効果が減ってしまうことが分かっています」と堀江さんは話します。

朝はしっかりエネルギーをとる

 最近はダイエットのため、メタボ対策のために、糖質の摂取を控える人が増えていますが、糖質制限のやり過ぎには注意が必要です。糖質は体を動かすため、そして脳を働かせるためのエネルギーになります。糖質が枯渇すると、体はたんぱく質を分解してエネルギーを作り出す作用を起こすこともあります。それで筋肉が減ってしまい、代謝が悪くなって太りやすくなるという悪循環に陥る可能性もあるわけです。

 「筋肉に負荷がかかる運動をすると男性ホルモンが増えるのですが、エネルギーとなる糖質がないと分泌量が減ってしまうのです。男性ホルモンの分泌量を増やすとともに、体重を絞るという両面を狙うのであれば、朝食時に炭水化物をとることをオススメします。朝はインスリンが出やすいので糖質が素早くエネルギーとして使われるのです」(堀江さん)

 炭水化物は食物繊維と糖質で形成されています。食物繊維は腸内環境を整える働きもします。腸内細菌が元気になると自律神経も整うので、男性ホルモンを維持するのにも役立ちます。

 厚生労働省が公表している『日本人の食事摂取基準2015年版』によると、推定で1日に最低でも100gの糖質が必要だとされています。これを白米に換算すると、ご飯1膳に含まれる糖質が約55gなので、1日に2膳分ということになります。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.