日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 血圧対策「減塩」「運動」「減量」のうち、効果が最も早く出るのはどれ?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

血圧対策「減塩」「運動」「減量」のうち、効果が最も早く出るのはどれ?

クイズで学ぶ「血圧対策」

 日経Gooday編集部

1週間の減塩で血圧は下がり始める

 正解は、(1)減塩です。

 高血圧の人は国内に4300万人もいるといわれ、50代以上の男性では5割近くが該当します。健康診断で「血圧が高い!」と指摘されている人は少なくないでしょう。

 では、高血圧の対策として、具体的に何から始めるべきなのでしょうか。「ミスター血圧」の異名を持つ前東京女子医科大学東医療センター内科教授・愛知医科大学客員教授の渡辺尚彦さんは、「まず実践してほしいのは減塩です」と言い切ります。渡辺さんはこれまで30万人以上の患者に減塩指導を行ってきた経歴を持つ医師で、自らも20年以上の減塩生活を送り、その効果を経験してきました。

 一般に、血圧を下げるために「生活習慣」の改善が大事なことはよく知られています。日経Goodayでもこれまで紹介してきたように、「減塩」「運動」「減量」(それに「節酒」)などが代表的な対策となります。実際、渡辺さんも「減塩」「運動」「減量」(それに「節酒」)を患者に指導しているそうですが、その中でも一番に減塩を勧める理由は、効果が高く、効果が出るのも早いからです。

塩分過多の日本人にとって、血圧を下げるためには塩分制限が欠かせない (c)jirkaejc-123RF

 「運動をすれば血圧は下がりますから、運動もぜひ実行してほしいのですが、運動をしても、翌日すぐに効果が見えるわけではありません。効果が表れるまで少々時間がかかるのは、減量も同様です。減塩の場合は、1週間もあれば血圧は下がってきます。効果が早く見えるから、『もっとやってみよう!』とやる気も出やすい」と渡辺さんは話します。

 日本人が1日に摂取する塩分量は、男性は8g未満、女性は7g未満が理想とされ、高血圧の場合はさらに少ない6g未満が推奨されています。しかし、現状は、男性 10.8g、女性 9.2gと、目標に遠く及びません(*1)。

 「ほとんどの日本人は、塩分のとりすぎと考えられます。しかし、悲観することはありません。塩分摂取が多いぶん、血圧が下がる余地があるということでもあります」(渡辺さん)

 渡辺さんは、減塩に取り組むなら、「朝食がお勧め」だと話します。なぜなら、朝は、血圧を上げるホルモン「アルドステロン」が多く分泌されるからだそうです。「アルドステロンは塩分が腎臓で再吸収されるのを促す働きがあり、朝食で多量の塩分を摂取すれば、体内の塩分が昼も夜も保持されてしまいます。朝食で塩分を抑えると、降圧効果を高めることができます。例えば、朝食は塩分の低いグラノーラなどにするのもお勧めです」(渡辺さん)

*1 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準」(2015年版)、厚生労働省 「国民健康・栄養調査結果の概要」(2016年)
この記事は、「たった1週間で血圧を下げる「リセット減塩」」(執筆:田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

血圧
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.