日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 「むずむず脚症候群」はなぜ起こる? 男女どちらに多い?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

「むずむず脚症候群」はなぜ起こる? 男女どちらに多い?

クイズで学ぶ「むずむず脚症候群」

 日経Gooday編集部

 正解は、(3)男性よりも女性に起こりやすい です。

脚がむずむず、ほてる…じっとしていられず不眠を招く

 むずむず脚症候群は、脚がむずむずする、うずく、ほてる、かゆいなどの症状(図1)が出て脚をじっとしていられず、脚を動かしたくなる病気です。脚を安静にしていられないことから、欧米では「レストレスレッグス症候群(Restless legs syndrome)」と呼ばれます。症状は夜間やリラックスしているときに出やすく、動かすと楽になるという特徴があります(表1)。このために睡眠が妨げられ、不眠症の原因になります。

図1 むずむず脚症候群でよくある症状
図1 むずむず脚症候群でよくある症状
[画像のクリックで拡大表示]
表1 むずむず脚症候群の特徴(診断基準)

脚をじっとしていられない

その症状がリラックス時に出る

脚を動かすと楽になる

夕方から夜間にかけて発生・悪化する

このほか、家族歴や、治療薬(ドパミン作動薬)で症状が軽減するか、睡眠時の周期性四肢運動があるかなどの特徴も診断の補助とされる。(日本神経治療学会治療指針作成委員会編集「標準的神経治療:Restless legs症候群」を一部改変)

 むずむず脚症候群はなぜ起こるのでしょうか。この病気に詳しい久米クリニック(名古屋市瑞穂区)院長の久米明人氏は、原因は「脳の鉄欠乏」だと話します。「脳で鉄が欠乏すると、脳で分泌されるドパミンというホルモンの日中の産生量が大きく増えます。一方、夜間にはドパミン産生が少なくなるので、むずむず脚症候群の患者さんは産生量の差が激しくなります。ドパミンには余計な感覚や興奮を脊髄でブロックする役割がありますが、その作用が日中と比べて夜間に急に弱まるために、ささいな感覚でも大きく感じられ、脚の違和感で脚を動かさずにいられない衝動にかられます」(久米氏)。

 脳の鉄が不足する背景には、体質が関係しています。「通常、食物から摂取した鉄は消化管で吸収され、血中から脳に取り込まれます。そのプロセスに個人差があり、健康診断では貧血に該当しないのに、脳に鉄が入り込みにくいタイプの人がいるのです。この体質は遺伝しやすく、当院を受診するお子さんの約30%は親やきょうだいもこの病気を持っています」(久米氏)。なお、ドパミンは明け方から増え始めることが明らかになっており、むずむずする症状は朝の5時半ころから消えることが分かっています。

鉄分不足の女性や透析患者に多い

 むずむず脚症候群は日本人の1~4%に見られ(*1)、女性の患者が男性の約2倍います。その理由について久米氏はこう話します。「女性は妊娠中に胎児に鉄分を取られるからだと言われています。そのため、出産経験が多い女性ほど発症しやすく、逆に、出産経験のない女性は男性と同じ頻度だとされます。鉄欠乏性貧血と診断されている人も、脳の鉄も少なくなっているので、むずむず脚症候群になりやすいと言えます」。このほか、むずむず脚症候群は人工透析を受ける人にも多いことが知られています。

 むずむず脚症候群と似た症状が出現する病気には、脊柱管狭窄症や変形性脊椎症などの脊椎の病気、下肢静脈瘤、注意欠如多動性障害(ADHD)などがあります。脚を動かさずにいられない症状がある場合は、まずは医療機関で相談しましょう。

*1 日本神経治療学会治療指針作成委員会編集「標準的神経治療:Restless legs症候群」(p.82)より。
この記事は、 寝ていると脚がむずむず…じっとしていられず不眠を招く病気とは?(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.