日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 「まばたき」の正しい方法、意外な役割とは?  > 3ページ目

Goodayクイズ

「まばたき」の正しい方法、意外な役割とは?

クイズで学ぶ「まばたきの役割」

 日経Gooday編集部

 眼科医たちがこうした歌を作るくらい、目の健康にまばたきは重要なようです。確かに、目の痛みは大きなストレスを招き、仕事の効率を落とす要因になります。

 「実際、ドライアイになると『気が散りやすい』ということは脳波を使った私の研究でも明らかです。まばたきを我慢してドライアイの状態にすると、集中力に由来する脳波成分が減少。『普段からドライアイ症状が強い人ほど、集中力が低下する』という研究結果が出ています」(綾木院長)

 さらに最新の研究では、まばたきが脳の情報処理に直接関わることも分かってきたといいます。

 「まばたきは、目に紫外線などの有害な光が入ることを防ぐだけでなく、見続ける状態から一時解放することで、目を休めると同時に脳の緊張も解きます。こうして、まばたきで目を閉じている0.3秒ほどの間に脳は情報をとりまとめ、目を開いた後に次の情報処理にとりかかるのです。まばたきは目を拭き掃除するだけでなく、こまめに目や脳を休めて集中力を回復させ、情報処理を助けていることになります」(綾木院長)

まぶたをしっかり閉じるには?

 ここまで聞くと、意識してまぶたをしっかりと閉じなければいけないという気になります。綾木院長によると、目を閉じられない原因は、甲状腺の疾病や目の周囲のマヒによることもありますが、大抵の場合、「クセ」なのだそう。特に目が大きい人は目を閉じにくいため、浅く閉じるクセがついてしまっている人が多いようです。

下までしっかりまぶたを閉じる、これが大事だ。写真はイメージ=(c)olgaos-123RF

 「健全なまばたき」に変えるには、下までまぶたが落ちている感覚を覚えることが大切です。「ちゃんと目を閉じられていれば視界は真っ黒になるはずですよ。意識的にゆっくり長めに目を閉じる練習をしてみてください」(綾木院長)

 歯磨き中やトイレのタイミングなど、生活の中で自然に取り入れるのもいいでしょう。

 「何かのついでにやるのはよいですね。まばたきは副作用もありませんし、お金もかからず、人に迷惑をかけることもありません。いつでも実行できるものですから、意識してまばたきをしてみてください」(綾木院長)

この記事は、「ドライアイや脳の働きにも影響! 知られざる「まばたき」の役割」(執筆:結城未来=健康ジャーナリスト)を基に作成しました。
訂正
当初、2ページ目第1段落で「(2)まばたきは、しっかりまぶたを閉じなくてもいいので…」と記載していましたが、冒頭の番号は正しくは(3)でした。お詫びして訂正いたします。本文は修正済みです。[2020/9/23 13:00]
関連記事

先頭へ

前へ

3/3 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.