日経グッデイ

Goodayクイズ

ランニングシューズを選ぶポイントは?

クイズで学ぶ「ギアの選び方」

 日経Gooday編集部

日経Gooday読者のみなさん、「カラダにいいこと、毎日プラス」していますか? Goodayクイズでは、今知っておきたい健康や医療のネタをQ&A形式でおさらいします。出題範囲は日経Goodayに掲載した記事です。ぜひ、今日からのセルフケアにお役立てください。では早速、今週のGoodayクイズを始めましょう。

ランニングシューズに関する問題

【問題】元マラソンランナーの有森裕子さんが推奨する、一般ランナーがランニングシューズを選ぶ上で最も大切なポイントは?

  • (1)フィット感
  • (2)靴ひもの長さ
  • (3)素材
  • (4)値段

 正解は、(1)フィット感 です。

[画像のクリックで拡大表示]

 元マラソンランナーの有森裕子さんは、ランニングシューズを選ぶ場合に「一般ランナーは、トップランナーほど細かく考える必要はありませんが、ケガをしないためのシューズ選びを心掛けてほしい」と話します。最も大事なポイントは、「自分の足にフィットしているか」ということ。サイズはもちろん、「足幅はシューズと合っているか」「靴に当たって痛いところはないか」など、スポーツ用品店でフィッティングする時に、店内を歩き回ったり、その場でもも上げをしたりして履き心地を試すとよいそうです。

 「もう1つのポイントは、『ソール(靴底)の硬さ』です」と有森さん。ソールが軟らか過ぎるものは、その分、靴底のしなりが大きくなるので地面を蹴る力が必要になり、足が疲れやすくなります。特に脚力があまりない初心者ランナーは、ソールの反発を使って蹴り出しをスムーズにした方が足の負担も少なく楽なので、数足履き比べてみて、少し硬めに感じるソールがオススメなのだそうです。

 といっても、その判断は初心者にはちょっと難しいかもしれません。「自分の好みだけで選ぶのではなく、スポーツ用品のショップで店員さんと相談しながら決めましょう」(有森さん)。今は足の寸法(縦の長さや幅、甲の高さなど)や、足の状態(土踏まずの湾曲の有無や外反母趾)を3次元計測器で計ったり、ランニングマシンに乗って実際に走っているところを撮影しながらランニング時の足の着地や運び方を分析するサービス(有料の場合が多い)を実施している、スポーツメーカーの直営ショップがあるそうです。

 さらに詳しい解説はこちら。

◆ 有森裕子の「Coolランニング」
あなたのランニングシューズ、本当に合ってますか?

関連記事