日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 「杜氏の肌はキレイ」はホント?  > 2ページ目

Goodayクイズ

「杜氏の肌はキレイ」はホント?

クイズで学ぶ「日本酒の効能」

 日経Gooday編集部

 正解は、(1)ホント です。

日本酒造りに携わる杜氏や蔵の女将は美肌の人が多いといわれる。日本酒が肌にいい効果をもたらすためだ。(©PaylessImages -123rf)

 日本酒の特徴の一つに、グルタミン酸、アラニン、ロイシン、アルギニンといった、多くのアミノ酸がバランス良く含まれていることがあります。日本酒に含まれるアミノ酸は20種類以上もあり、アミノ酸含有量は、ビール、ワインなど他のお酒と比べて数倍以上になります。

 アミノ酸はコラーゲンをはじめとした肌を構成するタンパク質の原料となります。肌の角質層に含まれる天然保湿因子(NMF)の主成分もアミノ酸です。つまり、アミノ酸は“美肌の素”。アミノ酸を多く含む日本酒を肌に塗ると、肌がしっとりきれいに保たれるわけです。

 女性なら「日本酒」の成分が入った化粧品が多数登場していることをご存じの方も多いでしょう。これら日本酒から作られた化粧品はもちろん、日本酒そのものを肌に塗っても効果が期待できます。寛永二年(1625年)創業という老舗酒蔵である金沢「福光屋」は、“肌に塗るための”日本酒(アルコール13%の本物の日本酒)を実際に販売しています。

 福光屋の店舗事業部責任者・若月佐恵子さんによると、日本酒を肌につけるなら、醸造アルコールを添加した「本醸造タイプ」ではなく、醸造アルコールを添加しない「純米酒タイプ」がお薦めだという。純米酒の方が、アミノ酸の量が豊富なためです。さらに、純米酒の中でも、米を多く磨いて造った高価な純米大吟醸酒より、値段の安い純米酒の方が肌にいいとのこと。ただし、敏感肌の人やアルコールに弱い人には刺激が強過ぎることがあります。「事前に腕の内側などにつけて、問題がないことを確認していただくのがおすすめです」(若月さん)。

 日本酒はお風呂に入れても効果があります。アミノ酸の保湿効果によって、肌がしっとりする効果が期待できるほか、アルコールにより血行が促進され、保温、発汗効果が促されます。若月さんによると、お風呂に入れる日本酒(飲料用)の量は、一般の家庭の浴槽なら1~2合が適量だそうです。

 さらに詳しい解説はこちら。

◆左党の一分
日本酒は酔える化粧水?! アミノ酸たっぷりで肌にもよかった!

関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.