日経グッデイ

Goodayクイズ

「スマホ老眼」を放っておくと老眼になる?

クイズで学ぶ「スマホ老眼」

 日経Gooday編集部

日経Gooday読者のみなさん、「カラダにいいこと、毎日プラス」していますか? Goodayクイズでは、今知っておきたい健康や医療のネタをQ&A形式でおさらいします。出題範囲は日経Goodayに掲載した記事です。ぜひ、今日からのセルフケアにお役立てください。ではさっそく、今週のGoodayクイズを始めましょう。

「スマホ老眼」に関する問題

【問題】スマートフォン(スマホ)が手放せないビジネスパーソンの間で急増している「スマホ老眼」。放っておくと老眼になるというのはホント? ウソ?

  • (1)ホント
  • (2)ウソ

正解は、(2)ウソ です。

手元(スマホ)にピントを合わせた後、遠くを見るとピントがすぐに合わない…。これがスマホ老眼の典型的な症状です。

 スマホ老眼とは、スマホやタブレット端末などをよく使う人にみられる、老眼のような症状のことです。ただし、老眼では手元の文字など近くのものが見えにくくなるのに対し、スマホ老眼で感じる目の不調は「遠くのものが見えにくい」というもの。正反対の症状に思えますが、どちらも「目のピント調節機能の異常」によって起こります。

 ピント調節には、レンズの役割を果たす水晶体と、レンズの厚みを変える毛様体筋(もうようたいきん)という筋肉が関係しています。手元などの近くを見るときは、水晶体を厚くさせるため毛様体筋は縮みます。そのため、スマホを長時間使用し続けると、毛様体筋は縮みっぱなし(緊張状態)になり、すぐに緩まなくなってしまいます。この状態で遠くを見ると、水晶体が厚いまま(近くを見る時の状態のまま)となってピントが合わず、ぼんやりと見えてしまうのです。

 「スマホ老眼は、医学用語では『仮性近視』のこと。スマホの長時間使用で起こる仮性近視を私は“仮性老眼”と呼んでいます」。パソコン・スマホ時代のアイケアに詳しいあまきクリニック(東京都港区)院長の味木(あまき)幸医師はこう話します。この“仮性老眼”が長く続くと、老眼ではなく、近視化する傾向にあるそうです。「人の体は、与えられた環境に順応するようにできています。近くに焦点が合いやすいように、眼球を変化させて対応しようとするのです」(味木医師)。スマホ老眼は、放置したら老眼になるのかと思いきや、近視化するとは驚きですね。

 さらに詳しい解説はこちら。

◆ビジネスパーソンは目が命
スマホ老眼は「近くが見える老眼」だ!

関連記事