日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 落語家とミュージシャンに多い? 喉頭がんの特徴とは  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

落語家とミュージシャンに多い? 喉頭がんの特徴とは

 日経Gooday編集部

 正解(喉頭がんの説明として間違っているもの)は、(3)罹患率で比べると、肺がんの半分程度である です。喉頭がんの罹患率は肺がんの約17分の1であり、比較的まれながんだといわれています。

落語家やミュージシャンを襲った喉頭がん

 鼻や口から吸った空気や、口から入った食べ物・飲み物は、口の奥(咽頭)を通過して、それぞれ気道と食道へ入っていきます。このとき、食べ物が肺につながる気道に入らないよう調節(誤嚥防止)をしているのが喉頭。いわゆる「のどぼとけ」で、ここにできたがんが喉頭がんです。喉頭には声を出すのに必要な声帯があり、その部分にできるのを「声門がん」、その上にできるのを「声門上部がん」、下にできるのを「声門下部がん」と呼んでいます。

喉頭は、声門上部、声門、声門下部から成る。なお、声門とは、左右の声帯とそれらの間の空間(声門裂)とをまとめていう(原図=123RF)
喉頭は、声門上部、声門、声門下部から成る。なお、声門とは、左右の声帯とそれらの間の空間(声門裂)とをまとめていう(原図=123RF)
[画像のクリックで拡大表示]

 国立がん研究センターが公表している「部位別がん罹患率」(2017年)によると、男性の喉頭がん罹患率は10万人あたり7.9人。女性の喉頭がんは0.6人なので、圧倒的に男性に多いがんだといえます。

 喉頭がんは、例えば肺がん(10万人あたり134.4人)と比べると罹患率が17分の1であり、比較的まれながんなのですが、人気番組「笑点」でおなじみの落語家の林家木久扇さん、音楽プロデューサーの「つんく」さんが喉頭がんの闘病経験を明らかにしているほか、過去にはミュージシャンの忌野清志郎さん、落語家の立川談志さんらが喉頭がんで命を亡くしており、一般の人にはよく知られています。

 喉頭がんの原因に飲酒や喫煙の影響が大きいことが分かっています。国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)頭頸部内科長の田原信さんは、「喉頭がんの発病のピークは70代にありますが、長年、喫煙と飲酒を続けている人では40代後半で見つかることも多いのです。ミュージシャンや落語家の方に目立つのは、喫煙者や愛飲家が比較的多いからかもしれません」と話します。

 アルコールに関する疫学調査では「飲酒後に顔が赤くなる体質の人」でリスクが高いことも分かっています。顔が赤くなる人は、遺伝的に体内でアルコール(エタノール)の最初の代謝物であるアセトアルデヒドの分解が遅く、アセトアルデヒドには発がん性があるため体内に長く残るとがんのリスクを高めてしまうのです。田原さんは「若い頃は酒を飲むと顔が赤くなっていたのに、鍛えられて飲めるようになったという人は、喉頭がんのリスクが高いといえます」と警鐘を鳴らします。

 喉頭がんの初期の自覚症状は以下のようにまとめられます。

喉頭がんのサイン(初期の自覚症状)

  • (1)声のかすれ、声質の変化
  • (2)のどの違和感(いがらっぽさ)
  • (3)首の腫れ、しこり
  • (4)飲み込むときの痛み、違和感

 喉頭は、口を大きく開けて喉頭鏡で診ることが多いのですが、がんの早期発見のためには、まずは「喉頭ファイバースコープ検査」を行うことが重要です。これは鼻から細い内視鏡を挿入し、喉頭の粘膜や声帯の動きを調べる検査。田原さんは「声の異常、のどの違和感などが1カ月以上続く場合は、地域の基幹病院の耳鼻咽喉科や頭頸部外科などで検査を受けるようにしましょう」とアドバイスします。

この記事は、喉頭がんはなぜ落語家とミュージシャンに多い?(荒川直樹=科学ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

がん
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.