日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 日よけのすだれ 窓の外と内、どちらにかけるのが効果的?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

日よけのすだれ 窓の外と内、どちらにかけるのが効果的?

クイズで学ぶ「熱中症対策」

 日経Gooday編集部

 正解は、(1)「窓の外側」に日よけを使うです。

 京都府立大学大学院生命環境科学研究科特任教授の松原斎樹さんによると、ブラインドを窓の内側に設置したときは約半分の熱が室内に入ってきますが、同じブラインドを窓の外側に設置すれば、室内に入る熱は2割程度に抑えられるそうです(図1)。

[画像のクリックで拡大表示]
ブラインド(図の斜線部分)を窓の内側に設置した場合(左)は約半分の熱が室内に入ってくるが、窓の外側に設置すると(右)室内に入る熱は2割程度に抑えられる(浦野良美編著『5704 安心して住めるヘルシーハウジング POD版』〔森北出版、2011年発行〕の図3.8を基に編集部で改変)

熱中症を防ぐには、窓から流入する日射熱を防ぐことも重要

 「家にいても熱中症になるリスクがある」ということはすでに多くの人が知っているでしょう。猛暑の季節は下手に我慢せずエアコンを積極的に利用すべき、熱帯夜のときはエアコンをつけっぱなしにして眠ったほうがいい、といった知識もかなり普及してきています。しかし、「エアコンの利用だけでは十分とはいえません。住環境で工夫できることはほかにもあります」と松原さんは注意します。

 住環境における熱中症対策で多くの人が見落としている、と松原さんが指摘するのは日射遮へい、すなわち日よけです。屋内での体感温度には気温、湿度、気流のほか、窓から流入する日射熱が関係しているのです。

 窓に直射日光が当たっている夏の日、エアコンをつけていてもあまり効果が感じられないと思ったことがある人は多いでしょう。それは決して気のせいではありません。室内のカーテンを閉じていても、窓枠やガラスが温められることで室内に熱が放射されて気温が上がるのです。

 一方、「窓の外」にすだれやシェードを設置すると、窓にダイレクトに日光が当たらないため日射熱が入ってくるのを抑えられます。「さらにエアコンと扇風機を併用して体に風を当てると体感温度は大きく下がります」と松原さんは言います。

 なお、ベランダにすだれやシェードを使うときは、窓と平行につり下げるよりも、テントのようにベランダ全体を覆う形がいいそうです(図2)。直射日光をさえぎって日陰にすることによって、「ベランダの気温が低くなり、そこから室内に入ってくる熱も少なくなります」(松原さん)

[画像のクリックで拡大表示]
すだれやシェードは、窓と平行につり下げる(左)よりも、ベランダ全体を覆う形(右)がいい。ベランダの気温・表面温度が低くなることで、室内に入ってくる熱も少なくなる(松原斎樹さん作成資料を基に作成)

 一戸建てで庭がある場合、芝生を植えるのも良い方法です。アスファルトや土に比べて地面からの照り返しが少なくなり、屋内に入ってくる熱が減ります。

 もう一つ、注目したいポイントは、日よけを使う「窓の方角」です。日よけというと、つい日当たりのいい南の窓を重視しがち、松原さんはそれよりもむしろ、東西の窓の日よけを重視しよう、と言います。夏の場合、実際に窓に当たる日射量(熱)は南よりも東や西の方が多いのだそうです。

この記事は、熱中症予防、日よけは窓の内側ではなく外側に 東西の窓を重視(執筆:伊藤和弘=ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

熱中症
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.