日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Goodayクイズ  > ホクロがだんだん大きくなってきた…これって皮膚がん?  > 2ページ目

Goodayクイズ

ホクロがだんだん大きくなってきた…これって皮膚がん?

クイズで学ぶ「メラノーマ」

 日経Gooday編集部

 正解は、(4)足の裏です。

ホクロが大きくなり直径6mmを超えたら、危険なサイン

ほくろと思っていた斑点がだんだん大きくなってきたら、要注意。(C)Manuel Faba Ortega-123RF

 メラノーマは、悪性黒色腫とも呼ばれる、ホクロのような見た目のがん。皮膚の色のもとになるメラニン色素を作り出す細胞(メラノサイト)ががん化した腫瘍で、皮膚がんの中では最も悪性度が高く、死亡率が高いことが知られています。

 国内でメラノーマと新たに診断される人数は、1年間に100万人当たり10~20人。日本人にとってはまれながんの1つといえますが、悪性度が高く、進行が非常に早いがんであることから、日ごろから皮膚の変化には注意が必要です。

 初期のメラノーマを普通のホクロと見分けることは素人には難しいものの、以前と比較して大きくなったホクロの直径に注目することで、早期発見は可能です。ひふのクリニック人形町院長の上出良一さんは、「メラノーマは、直径が6mm以下のときは、がんが皮膚表面(表皮)にとどまっており、その段階で切除できれば転移の恐れはほとんどありません」と話します。逆に、この大きさ(直径6mm)を超えるとメラノーマは皮膚の深い部分(真皮)にも広がり、近くのリンパ節などに転移するようになるとのこと。

 身近にある直径6mmのものとして、上出さんが挙げるのは鉛筆の軸です。「ホクロに鉛筆の軸を垂直に当ててみて、軸からはみ出るようであれば、すぐに大きな病院の皮膚科などを受診する必要があります」(上出さん)。

 メラノーマが最もできやすいのは、足底(足の裏)。次いで顔面、膝から下、手の指などが挙げられます。ただ、体のどこにでもできる可能性があり、自分で見えない場所は、風呂上がりなどに家族にチェックしてもらうといいでしょう。

 中高年になったら、日ごろから急に大きくなったホクロはないか、気を配る習慣を持ち、皮膚がんの早期発見に努めましょう。

この記事は、【皮膚がん】ホクロが急に大きくなったらすぐ受診!(荒川直樹=科学ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.