図 速筋と遅筋の働きの違い

速筋を使うと工場(筋肉)の面積が拡大してエネルギーの生産量が上がる。遅筋を使うと、酸素を供給する毛細血管が増えてエネルギーの生産効率が上がる。

記事に戻る