日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 「コーラ、イカ、バター」の中で1番太るのはどれ?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

「コーラ、イカ、バター」の中で1番太るのはどれ?

クイズで学ぶ「食品のカロリー」

 日経Gooday編集部

 正解は、(1)コーラ 100kcal分 です。

カロリーは同じでも、栄養素のバランスは食べ物によって変わります。(©serezniy-123rf)

 カロリーを持つ栄養素は3種類あります。「炭水化物(糖質)」「たんぱく質」「脂質」は「三大栄養素」と呼ばれ、言い換えれば“体脂肪になる栄養素”です。

 このうち、体脂肪の主な原料になるのは、炭水化物が変化したものです。

 たんぱく質は、皮膚や筋肉、血液、髪の毛、そして酵素、ホルモン、消化液など、体のあらゆる構成要素になるとても重要な栄養素。取りすぎると体脂肪に変わることもありますが、生理活性を高めるためにもダイエット中もきちんと摂取すべきでしょう。

 脂質は、“脂”という文字から体脂肪になりそうな印象がありますが、実は最近の研究では、食べ物由来の脂質の80%以上が体脂肪にならず、排出されるか、60兆個以上あると言われている細胞膜や、ステロイドホルモン(女性ホルモンなど)の原料になることが分かっています。

 同じ100kcal分でも、栄養素で見るとコーラが糖質100%、イカはほぼ100%たんぱく質、バターはほぼ脂質100%。よって、エネルギーや栄養がほぼ糖で構成されるコーラが一番太りやすいということになります。

 カロリーは同じでも、構成されている栄養素は食品や食材によって変わり、体脂肪へのなりやすさも異なります。カロリーの数値だけにこだわりすぎれば、体が必要としている栄養素をきちんと摂れなくなりかねません。

 さらに詳しい解説はこちら。

◆ダイエットにいいのはどっち?
油500kcal・砂糖水400kcalどっちが太る

関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.