日経グッデイ

Goodayクイズ

運動をやりすぎると体に悪いって本当?

クイズで学ぶ「適度な運動量」

みなさん、「カラダにいいこと、毎日プラス」していますか? このクイズでは今知っておきたい健康や医療のネタをQ&A形式でおさらいします。ぜひ、今日からのセルフケアにお役立てください。では、さっそくクイズを始めましょう。

「適度な運動量」に関する問題

【問題】ランニングやウォーキングなどの適度な運動は寿命を延ばすことが知られていますが、1カ月に100km以上走ると、ケガの発生率がグッと高まり、男性ホルモンの分泌も減ってしまいます。これってホント? ウソ?

  • (1)ホント
  • (2)ウソ

 正解は、(2)ウソ です。

運動はやればやるほど体にいいわけではない

 適度な運動は体に良く、寿命を延ばすことが知られています。台湾の国家衛生研究院が41万6175人を平均8年間追跡した調査でも、「毎日15分、中程度の運動(ウォーキングなど)をする人」の死亡率は「まったく運動しない人」より14%低く、平均寿命が約3年長いことが分かっています(*1)。

 ただし同研究は、「運動はやればやるほど体にいいわけではない」ことも示しました。1日90分までは、1日の運動時間が15分増えるごとに死亡率が4%ずつ下がっていったものの、1日90分を超えると、死亡率は変わらなくなっていたのです。

 はたして“適度な運動量”というのはどれくらいなのでしょうか?

月200km以上走る人はトラブルを起こしやすい

 市民マラソンの世界では、「1カ月に走る距離は200km以内に」と言われています。統計上、1カ月に200km以上走るとケガの発生率が高まるというのがその理由です。

 ドクターランナー(事故に備えて選手と一緒に走る医師)として多くの市民マラソン大会やトライアスロン大会に出場している、よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック(神奈川県横須賀市)院長の奥井識仁さんの調査でも、やはり、月間の走行距離が200kmを超えるランナーは、健康面でのトラブルを起こしやすいことが分かりました。

 例えば、主要な男性ホルモンであるテストステロン。奥井さんが45~55歳の男性市民ランナー43人について、1カ月間の走行距離と血中で遊離しているテストステロンの濃度(遊離テストステロン値)を調べた結果、「走る距離が100kmくらいまではテストステロンの分泌が増えますが、120km辺りから減り始め、200kmを超えると大きく減っていたんです」(下図)。

激しすぎる運動は男性ホルモンを減らす
平均年齢51.4歳の男性市民ランナー43人に対し、マラソン大会直前の1ヵ月間の走行距離と血液中の遊離テストステロン値を調べた。200km未満の20人は平均11.4pg/mLに対し、200kmを超えていた23人は3.4pg/mLと著しく低かった。赤丸は循環器に関する不調を訴えた症例。(出典:神奈川医学会雑誌・第43巻第1号[平成28年1月1日])
[画像のクリックで拡大表示]

 この調査では同時に「医療機関の受診日数」も調べましたが、200km以上走った人たちは、明らかに受診日数が多く、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)や不整脈など循環器系の異常が認められた人も4名いました

 運動のやりすぎで健康を損ねては元も子もありません。何事にも熱心で、ストイックに結果を追い求めてしまう傾向のある人は、くれぐれも注意しましょう。

*1 Lancet. 2011 Oct 1;378(9798):1244-53.
この記事は、「やり過ぎ厳禁! 『適度な運動量』ってどれくらい?」(執筆:伊藤和弘=フリーランスライター)を基に作成しました。
関連記事