日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 運動をやりすぎると体に悪いって本当?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

運動をやりすぎると体に悪いって本当?

クイズで学ぶ「適度な運動量」

 正解は、(2)ウソ です。

運動はやればやるほど体にいいわけではない

 適度な運動は体に良く、寿命を延ばすことが知られています。台湾の国家衛生研究院が41万6175人を平均8年間追跡した調査でも、「毎日15分、中程度の運動(ウォーキングなど)をする人」の死亡率は「まったく運動しない人」より14%低く、平均寿命が約3年長いことが分かっています(*1)。

 ただし同研究は、「運動はやればやるほど体にいいわけではない」ことも示しました。1日90分までは、1日の運動時間が15分増えるごとに死亡率が4%ずつ下がっていったものの、1日90分を超えると、死亡率は変わらなくなっていたのです。

 はたして“適度な運動量”というのはどれくらいなのでしょうか?

月200km以上走る人はトラブルを起こしやすい

 市民マラソンの世界では、「1カ月に走る距離は200km以内に」と言われています。統計上、1カ月に200km以上走るとケガの発生率が高まるというのがその理由です。

 ドクターランナー(事故に備えて選手と一緒に走る医師)として多くの市民マラソン大会やトライアスロン大会に出場している、よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック(神奈川県横須賀市)院長の奥井識仁さんの調査でも、やはり、月間の走行距離が200kmを超えるランナーは、健康面でのトラブルを起こしやすいことが分かりました。

 例えば、主要な男性ホルモンであるテストステロン。奥井さんが45~55歳の男性市民ランナー43人について、1カ月間の走行距離と血中で遊離しているテストステロンの濃度(遊離テストステロン値)を調べた結果、「走る距離が100kmくらいまではテストステロンの分泌が増えますが、120km辺りから減り始め、200kmを超えると大きく減っていたんです」(下図)。

激しすぎる運動は男性ホルモンを減らす
平均年齢51.4歳の男性市民ランナー43人に対し、マラソン大会直前の1ヵ月間の走行距離と血液中の遊離テストステロン値を調べた。200km未満の20人は平均11.4pg/mLに対し、200kmを超えていた23人は3.4pg/mLと著しく低かった。赤丸は循環器に関する不調を訴えた症例。(出典:神奈川医学会雑誌・第43巻第1号[平成28年1月1日])
[画像のクリックで拡大表示]

 この調査では同時に「医療機関の受診日数」も調べましたが、200km以上走った人たちは、明らかに受診日数が多く、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)や不整脈など循環器系の異常が認められた人も4名いました

 運動のやりすぎで健康を損ねては元も子もありません。何事にも熱心で、ストイックに結果を追い求めてしまう傾向のある人は、くれぐれも注意しましょう。

*1 Lancet. 2011 Oct 1;378(9798):1244-53.
この記事は、「やり過ぎ厳禁! 『適度な運動量』ってどれくらい?」(執筆:伊藤和弘=フリーランスライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.