日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 男性のがん罹患数第4位「前立腺がん」 5年生存率は?  > 3ページ目

Goodayクイズ

男性のがん罹患数第4位「前立腺がん」 5年生存率は?

クイズで学ぶ「前立腺がん」

 日経Gooday編集部

前立腺がんはステージⅢでも5年生存率は100%

 前立腺がんは、「5年生存率(相対生存率)が高い」傾向が見られます。

 5年生存率は文字通り、発見から5年後の生存率を示す数字で、100%に近いほど5年後に生存している比率が高くなります。2010~2011年におけるデータでは、前立腺がんは98.8%となっています(がん診療連携拠点病院等院内がん登録生存率集計データ)。4割程度の肺がんや肝臓がん、1割を切る膵臓がんと比べるとかなり高いことが分かります。

男女計の5年相対生存率(2010-2011年の診断例)。がん診療連携拠点病院等院内がん登録生存率集計の2010-2011年のデータより作成。なお、がん診療連携拠点病院の生存率のデータは、地域がん登録と比べてやや高めの数値になる。
[画像のクリックで拡大表示]

 5年生存率を、がんの進行度合い(ステージⅠ~Ⅳ)ごとに見ていくと、前立腺がんはステージⅠからⅢまでの5年生存率が100%となっています。

ステージ別の5年相対生存率
男女計のステージ別の5年相対生存率(2010-2011年の診断例)。がん診療連携拠点病院等院内がん登録生存率集計の2010-2011年のデータより作成。なお、がん診療連携拠点病院の生存率のデータは、地域がん登録と比べてやや高めの数値になる

前立腺がんの罹患率が急増しているワケ

 前立腺がんの罹患率は1970年代から一貫して増加傾向にありますが、2000年代前半に急増しています。この急増には「PSA検査の普及」が関係していると考えられています。

 PSA(前立腺特異抗原)は、前立腺から精液の中に分泌されるたんぱく質の一種で、血液を採取してPSAを調べるのが「PSA」検査です。前立腺がんになると血液中から検出されるため、腫瘍マーカーとして使われています。人間ドックの血液検査のオプションとして追加できるほか、自治体によっては無料で受けられるところもあります。

 「前立腺がんは『がんに罹った状態で生涯を終えることの多いがん』なのですが、PSA検査の普及によって、前立腺がんが発見される機会が増えているのです。近年ではPSA検査によって『発見しすぎること』の是非が議論されるようになっています」(津金さん)

 なお、PSA値は前立腺肥大症でもある程度高くなります。このため、PSAが基準値以上でも、必ずしも前立腺がんがあるとは限りません。

この記事は、「前立腺がん、乳がんはなぜ増加している?」(津金昌一郎=国立がん研究センター/まとめ:柳本 操=ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

3/3 page

がん
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.