日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 痛風予防のために心がけたい水分摂取量は?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

痛風予防のために心がけたい水分摂取量は?

クイズで学ぶ「痛風」

 日経Gooday編集部

 正解は、(3)1日2~2.5リットル です。

図1◎ 尿酸の排泄と尿量の関係
尿酸の排泄と尿量の関係
[画像のクリックで拡大表示]

 腎臓が尿酸を排泄する力を「尿酸クリアランス」と呼びますが、これは尿量と比例関係にあります。尿酸の排泄を促すためには、水分摂取が重要です。尿量が増えれば、尿酸もたくさん出ていきます。尿中の尿酸は、水を多く飲むほど薄くなりますから、腎臓の結石はできにくくなり、その意味では良い影響が期待できるでしょう。ただし、いくら水を飲んでも、一定のラインを超えると、尿酸を排泄する力は横ばいになり、それ以上は増えません(図1)。3リットル、4リットルの水を飲んでも効果は同じということです。

 日本痛風・核酸代謝学会が作成した「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」では1日2リットル以上の尿量を推奨しています。2リットル以上の尿量を確保できるように、1日2〜2.5リットルを目安に水分を摂れば、尿酸クリアランスが上のグラフ中の赤い★印のレベルに達し、尿中の尿酸濃度も薄くなって尿路結石の形成も食い止めてくれます。

 さらに詳しい解説はこちら。

◆名医が解説! 最新治療トレンド
気になる尿酸値、どうやって下げる?

関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.