日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > パフォーマンスの上がる昼寝の仕方とは?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

パフォーマンスの上がる昼寝の仕方とは?

クイズで学ぶ「仮眠と生産性」

 正解は、(1)眠気を感じる前にとる です。

眠気のピークに仮眠をとるとパフォーマンスが落ちる

(c)ximagination-123RF

 寝苦しい季節には睡眠時間が不足して、つい昼間の仕事中にウトウトしてしまいがち。でも、眠気を感じてから仮眠をとっていると、目が覚めてからすっきりせず、パフォーマンスが上がらないことがあるそうです。

 企業向けに睡眠のオーダーメイドソリューションを提供するニューロスペースの小林孝徳社長によると、仕事のパフォーマンスが高い人と低い人の「睡眠パターン」を分析したところ、パフォーマンスの高い人がほぼ毎日、午後に効果的に仮眠をとっていたことがわかりました。

 「眠気は、起きている間に少しずつ蓄積されています。ですから、パフォーマンスを上げたい時間帯に眠くなったときには、眠気を散らすようにうまく仮眠をとればスッキリしますよ。できれば、眠くなる前に先手を打って戦略的に仮眠をとるのが理想的ですね」(小林さん)。

パフォーマンスの高い人の睡眠パターン
パフォーマンスが高い人は、午後の時間に効果的に仮眠をとっている(3)。また、ベッドにいる時間と寝ている時間が近く、睡眠効率が高い(1)(2)。
[画像のクリックで拡大表示]

仮眠の前にコーヒー、ベッドに本は持ち込まない

 小林さんによると、人は、起床から7~8時間後にいったん眠気を感じるようになっているそうです。朝6時起床だとしたら、午後1時ごろに眠気を感じるわけで、この時間帯の眠気や生産性の低下を防ぐには、眠気がピークになる前に仮眠をとることが重要とのこと。

 「タイミング的には、起床後6時間、つまり朝6時起床なら昼12時頃がベスト。眠気がピークになってからの仮眠は、体はこれから起きようというリズムになっているのに実際には寝るという逆のことをしてしまうため、ベストとはいえません」(小林さん)

 また、効果的な仮眠のためには、本格的な睡眠モードに入らないよう、30分以内にとどめたり、ベッドで横にならずにイスやソファで休む、といったことも心掛けましょう。それでも眠りが深まりすぎる心配がある場合は、コーヒーを飲んでから仮眠をとるといいそうです。コーヒーを飲んだ後の仮眠には、睡眠の誘発をブロックしつつも眠気をスッキリさせるという効果が期待できるからです。

 ほかにも、パフォーマンスが高い人はベッドに入ってから寝つくまでの時間が短く、「睡眠効率」が高いそうです。一方で、パフォーマンスが低い人は、ベッドに入ってから本を読んだりスマートフォンをいじったりして寝つくまでに時間がかかり、睡眠効率が低くなってしまうこともわかっています。「ベッド=寝る場所」として脳が認識することで睡眠効率が高まれば、仕事のパフォーマンスも上がるのだそうです。

 仮眠は眠気を感じる前に戦略的にとる。そして夜に寝るときはベッドに本やスマートフォンは持ち込まず、睡眠効率を高める。仕事のパフォーマンスを上げるためにも、こうした睡眠テクニックを実践してみましょう。

この記事は、「ハイパフォーマンスな人とそうでない人は、「睡眠パターン」に違いがあった!」(執筆:西門和美=フリーライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.