日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 睡眠時間が短いと太りやすいって本当?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

睡眠時間が短いと太りやすいって本当?

クイズで学ぶ「睡眠と肥満」

 日経Gooday編集部

 正解は、(1)(体重は)増えやすくなるです。

睡眠時間が短いと、活動時間が増えて体重が落ちる…わけではない

 睡眠不足が積み重なると、集中力が低下したり、疲れやすくなったりするだけでなく、様々な体への悪影響があるといいます。その一つが、肥満のリスクが高まることです。

 体重の増加は、食べ物からのエネルギーの摂取量が、基礎代謝や身体活動などによるエネルギーの消費量を上回ったときに起こります。では、睡眠時間が短くなったときのエネルギー消費はどうなっているのでしょうか。

 寝ている間は活動量が少ない分、エネルギー消費量が少なく、起きているときは活動量が多い分、エネルギー消費量が多い。つまり、睡眠時間の長さによって、以下のようになると考える人が多いでしょう。

睡眠時間が短い ⇒ 活動時間が長い ⇒ エネルギー消費量が多い ⇒ やせる

睡眠時間が長い ⇒ 活動時間が短い ⇒ エネルギー消費量が少ない ⇒ 太る

 ところが、平均睡眠時間とBMI(*1)の関係を調べた研究では、睡眠時間が7~8時間の場合が最も肥満が少なく、それより短くても長くても肥満が増えるという結果が出ています(*2)。そこで、早稲田大学名誉教授の内田直さんらは、花王との共同研究で、短時間睡眠がなぜ肥満につながるのかを、エネルギー代謝の面から解明しようと考えました。

短時間睡眠では代謝が落ちて脂肪が燃えにくく、空腹感は強まる

 内田さんらは、健康な若い男性9人を対象に、以下2つの睡眠パターンを比較しました。

  • 3日間の3.5時間睡眠+1日のリカバリー睡眠(7時間)
  • 3日間の7時間睡眠+1日のリカバリー睡眠(7時間)

 この2つのパターンで、エネルギー消費量と睡眠時間の関係をみたところ、夜間は3.5時間睡眠のほうが起きている時間が長いため、エネルギー消費量は多くなりました。ところが、日中は3.5時間睡眠のほうがエネルギー消費量がわずかながら少ない状態が続いたため、48時間トータルでは両者に大きな差は出なかったのです。

 さらに、「3.5時間睡眠の翌日は、7時間睡眠に比べて朝から夕方にかけての深部体温が低くなっていました。体温が低いということは、代謝が低い状態になっていたと考えられます(*3)」(花王ヘルスケア食品研究所の日比壮信さん)

 空腹感を比較してみたところ、「3.5時間睡眠の翌日は空腹感が強い傾向にあり、特に寝る前が顕著でした(下図)。しかし、面白いことに、リカバリー睡眠後は差がなくなっていました」(日比さん)

Hibi M,et al.Scientific Reports. 2017;7:39640のFigure 2を日経Gooday編集部が改変して作成
Hibi M,et al.Scientific Reports. 2017;7:39640のFigure 2を日経Gooday編集部が改変して作成
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、それぞれの睡眠を3回続けた後(4日目)の朝とリカバリー睡眠後(5日目)の朝に血液検査をしたところ、3.5時間睡眠後はPYYという食欲を抑制するホルモンの分泌量が減っていて、リカバリー睡眠後は元に戻っていることが分かりました。

*1 肥満度を表す指標として用いられている体格指数で、[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で計算する。
*2 Taheri S, et al.PLoS Med. 2004;1(3):e62.
*3 体温が低いと脂肪分解酵素であるリパーゼの働きが悪くなり、脂肪が燃えにくくなることが分かっている。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.