日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > お酒を飲んでいたら尿の色が変わってきた…これって危険なサイン?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

お酒を飲んでいたら尿の色が変わってきた…これって危険なサイン?

クイズで学ぶ「お酒と脱水」

 日経Gooday編集部

 正解は、(1)ホントです。

飲酒中の尿の「色の変化」は大事なサイン

お酒を飲んだとき、尿の色や量に注意したことはありますか?(C)PaylessImages-123RF

 蒸し暑い天気が続くと、喉を潤すために、ビールなどの冷たいお酒につい手が伸びてしまう人も多いのではないでしょうか。お酒を飲み始め、杯が重なるにつれ、もよおしてくるのが尿意です。一度、トイレに行き始めると、堰を切ったように、短時間で何度も行くのは決して珍しいことではありません。

 「お酒を飲んでトイレが近くなるのは、アルコールによって脳下垂体にある抗利尿ホルモンが抑制され、必要以上に尿が出てしまうからです。事実、ビールを飲んだ後の尿の量は、実際に飲んだ量よりも多く、1.5倍にもなることがわかっています。ビールをはじめとするアルコールの摂取は、水分補給になるどころか、むしろ体内の水分量を減らし、脱水状態を引き起こす危険性があるのです」。 河北総合病院腎臓内科 臨床教育・研修部部長の林松彦氏はそう話します。

 林氏によれば、飲酒による体のトラブルを防ぐために、目安にしておきたいものがあるといいます。その1つが、尿の「色の変化」です。

 健常者の尿の色は通常、“淡い黄色”を帯びています。黄色の基になる色素はウロビリノーゲンという物質。これは血中のヘモグロビンにあるヘム分子が変化し、老廃物として尿中に排出されたものです。

 「つまり、尿が淡い黄色だということは、ヘム分子をきちんと排出している証拠で、腎機能が正常に働いていることを示します。一方、お酒を飲み、腎臓が通常時のように動かなくなると、尿の色は水のように薄くなったり、トイレの回数が増えたりすることもあります。さらに、白く半透明に近い色のまま、尿の量が減ってきたら、脱水気味になっている恐れがあります」(林氏)

 お酒を飲んで尿が何度も出るうちに、色が薄くなり、量が減ってくれば、それは「脱水のサイン」である可能性があるのです。

 体の中の水分量をコントロールし、塩分濃度を一定に保つ働きをしている腎臓の機能も、加齢とともに少しずつ衰えてきて、体に蓄えられる水分量が減り、脱水症状を起こしやすくなります。そこにアルコールによって抗利尿ホルモンが抑制されると、ますます排出される尿の量が増えて、体の水分もどんどん抜けていきます。中高年の飲酒は、脱水状態になりやすいのです。

 酒席でトイレの回数が増えてきたら、尿の色や量の変化に注意して、お酒の量を調節していきましょう。アルコールによって失われていく水分を、水などで補うことも忘れずに!

この記事は、飲酒中の「薄色おしっこ」は良い? 悪い?(葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.