日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 善玉のコレステロール 食事と運動のどちらで改善?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

善玉のコレステロール 食事と運動のどちらで改善?

クイズで学ぶ「コレステロール」

 日経Gooday編集部

 正解は、(2)運動の実践です。

善玉コレステロールを上げる最善の手段は「運動」です。(c)lzflzf-123RF
善玉コレステロールを上げる最善の手段は「運動」です。(c)lzflzf-123RF

 コレステロールには、悪玉であるLDLコレステロール善玉であるHDLコレステロールがあります。

  LDLコレステロールは悪玉とはいうものの、肝臓で合成されたコレステロールを全身に届ける大切な役割を担っています。しかし、多すぎると問題になります。コレステロール対策の専門家である帝京大学名誉教授の寺本民生さんは、「血中で過剰になったLDLコレステロールは行き場をなくし、血管の壁に潜り込むしかなくなります。これが動脈硬化の原因となるのです」と話します。

 一方、LDLコレステロールの対極にあるのは、悪玉を減らす善玉のHDLコレステロールです。HDLコレステロールは血液中をパトロールして、血管壁にたまったLDLコレステロールを引き抜き、肝臓まで回収してくれます。

 つまり、理想的な状態は、悪玉のLDLコレステロールが低いことに加え、善玉のHDLコレステロールは高い状態ということになります。

善玉のHDLコレステロールを上げる、最善の手段は「運動」

 では、善玉のHDLコレステロールを増やすにはどんな対策をするのがいいのでしょうか。

 LDLコレステロール対策は食事がメインとなりますが、善玉のHDLコレステロールを上げるには、食事を工夫してもそれほど効果がないと寺本さんは話します。では、善玉のHDLコレステロールを上げるために何がいいかというと、「食事より、運動が効きます」と寺本さん。

 「運動によって善玉HDLコレステロールが上がる理由は諸説ありますが、まだ詳細は明らかになっていません。しかし、国内でもウォーキングの歩数が多いほどHDLコレステロール値が高い傾向があることが確認されています(下図)。HDLコレステロール値が運動によって改善することは、データの上では明らかです。また、マラソン選手のHDLコレステロールはとても高いことが知られています」(寺本さん)

 下図は、国立健康・栄養研究所の「国民栄養調査」のデータです。男女ともに、たくさん歩く人ほどHDLコレステロールが高くなる傾向が見られました。特に、男性はその傾向が顕著に出ています。

(国立健康・栄養研究所「国民栄養調査」1991年を参考に作成)
(国立健康・栄養研究所「国民栄養調査」1991年を参考に作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 コレステロールは中性脂肪などと同じ脂質の一種ですが、中性脂肪と異なり、コレステロールはエネルギーにならず、体の中で分解されません。このため、いくら運動をしても、悪玉のLDLコレステロールを下げることは困難です。

 しかし、運動すれば、中性脂肪を燃焼させて減らすことができます。中性脂肪とHDLコレステロールの間にはシーソーのような関係があり、中性脂肪が下がれば、HDLコレステロールが上がるという性質があるのです。現時点では、HDLコレステロールを増やすことを目的とした薬剤は存在しないため、運動はHDLコレステロールを上げる最善の手段といっていいでしょう。

コレステロール
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.