日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > Goodayクイズ  > 尿路結石になりやすいのは男? 女?  > 2ページ
印刷

Goodayクイズ

尿路結石になりやすいのは男? 女?

クイズで学ぶ「尿路結石」

 日経Gooday編集部

 正解は、(1)男性です。

尿路結石は圧倒的に男性に多い

 「痛みの王様(king of pain)」の異名を持つほど、激烈な痛みを特徴とする尿路結石は、夏になると患者が増えてきます。「夏は体内の水分が汗として多量に出ていくので、毎日1~1.5リットル出るはずの尿量が少なくなります。尿が濃縮されると、尿中の成分が飽和状態になって結晶化し始めるのです」。そう話すのは、大口東総合病院泌尿器科部長の松崎純一氏です。

 松崎氏によると、尿路結石の患者の男女比は、2.4対1と、圧倒的に男性に多いそう。「尿路結石が女性に少ないのは、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンが関係するといわれています。閉経すると女性にも増え始めます」(松崎氏)。

どんな気丈な人も救急車を呼ばざるを得ないほどの痛み

 尿路結石は、尿の中に溶け込んだ老廃物の成分が固まり、結晶化したものです。多くの場合、腎臓の中にできますが、腎臓にあるうちはあまり痛くありません。石が尿管に出て途中で挟まると、尿の流れが遮断され、腎臓の内圧が上昇して痛みが出ます。「痛みとして感じるのはわき腹腰背部で、どんな気丈な人も救急車を呼ばざるを得ないほどの痛みです。さらに、発熱、吐き気、血尿などの症状が出ることもあります」(松崎氏)。

図1 尿路結石が起こる場所と症状
上部の腎結石、尿管結石が全体の9割以上を占める。
[画像のクリックで拡大表示]

 石ができる背景には、食生活の欧米化があります。松崎氏は、「動物性脂肪の多い食事、例えば、バターやチーズ、卵などを含む食事が続くと、カルシウムやシュウ酸が尿へ溶け出す量が増え、カルシウム結石(*1)ができやすくなります。また、尿は本来、弱酸性ですが、こうした食事で尿が酸性に傾くことも、尿路結石に影響するとされます」と解説します。尿路結石は糖尿病、高血圧、痛風、脂質異常症などの患者に多く、メタボリックシンドロームとも深い関係があることが分かっています。

*1 カルシウム結石:カルシウムと他の物質がくっついて石になったもので、尿路結石の8~9割を占める。

小さい石なら自然に出てくるが、問題は再発率の高さ

 治療は、石を出しやすくする薬や鎮痛薬を使いながら自然に石の排出を待つ方法と、レーザーや衝撃波を使って石を砕く手術療法があります。「4mm以下の小さい石なら、8割は30~40日で自然に出てきます。1日2リットル以上の水分摂取をしながら、縄跳びのような上下運動を行い、さらに薬を使って排出を促します」(松崎氏)。

 ただし、尿路結石のやっかいな点は、再発が多いことです。カルシウム結石は5年で45%も再発することが知られています。「痛みが治まると、患者さんは治ったと思って油断しがちですが、再発してしまうと、慢性腎臓病などの深刻な病気に進行するリスクも高まります」(松崎氏)。再発予防のポイントは、1日2リットル程度の水分摂取と、運動、バランスの取れた食事(*2)。その上で、定期的に通院して再発の有無をチェックしてもらうことが大切です。

*2 尿路結石の再発予防には、1日600~800mgのカルシウムを摂取し、シュウ酸を多く含む食材(葉菜類、タケノコ、紅茶、コーヒー、玉露・抹茶、チョコレートなど)をできるだけ避けることが推奨されている。
この記事は、「夏に多い『尿路結石』、七転八倒の激痛の後にも思わぬリスク」(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.