日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 脳梗塞や脳出血が原因で起きる「しびれ」の特徴は?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

脳梗塞や脳出血が原因で起きる「しびれ」の特徴は?

クイズで学ぶ「脳卒中の症状」

 日経Gooday編集部

 正解(間違っているもの)は(1)気が付いたらいつのまにか手足にしびれが起きている です。

いつ始まったかはっきり分かるしびれは要注意

しびれが半身の広い範囲に及び、口から飲み物がこぼれるような場合は、脳梗塞の予兆かもしれない。写真はイメージ=123RF
[画像のクリックで拡大表示]

 しびれは、長時間同じ姿勢をとっていたり、重い物を持ち上げたときなどでも起こる、ありふれた症状の一つ。脳梗塞や脳出血など、命に関わる「脳卒中」でもしびれは起こりますが、どう見分けたらいいのでしょうか。

 順天堂大学医学部附属浦安病院 脳神経内科教授の卜部貴夫さんは「しびれは、椎間板ヘルニアなど整形外科の領域の病気や、糖尿病など内科疾患による神経障害によっても起こります。これに対して脳梗塞や脳出血などで起こるしびれの特徴は、突然起こること。しびれの始まりが明確に分かるようなときは要注意です」と解説します。

 脳梗塞や脳出血、くも膜下出血は、まとめて脳卒中と呼ばれます。これらは「突然、意識を失って倒れる病気」と考えられがちですが、それほどひどい症状で発症するのは一部にすぎません。ダメージを受ける脳の場所や程度によって、比較的軽度な症状で起こることも多く、ときには本格的な脳卒中症状の前に「予兆」といえるような不調が現れる場合もあります。

 脳卒中の特徴的な症状としては、体の右半身か左半身に起こる「しびれ」や「感覚鈍麻」、力が入らなくなるような「運動麻痺」など。特に手足と同じ側の顔まで症状が出る場合は、脳卒中の疑いは強くなります。逆に「手足の先だけがしびれている場合は、他の病気のことが多い」と卜部さん。

 言葉の症状も起こることが多く、ろれつが回らなくなったりする「構音障害」と、言いたいことが言えなくなったり言葉を理解できなくなったりする「失語」があります。このほか、歩けなくなる、意識が低下する、視野の半分が見えなくなるなども、脳卒中が疑われる症状です。

 こうした脳卒中の症状を覚えてもらうための「ACT-FAST(アクト・ファスト)キャンペーン活動」も行われています。顔の麻痺(Face)、腕の麻痺(Arm)、言葉の障害(Speech)の頭文字を組み合わせたもので、最後のTは時刻(Time)の頭文字。症状に気づいたら発症時刻を確認してすぐに救急車を呼ぶことが大切です。

 なぜ発症時刻を記録することが大切なのでしょうか。卜部さんは「発症してからの時間が短いほど、治療の選択肢が多くなり、治療後の経過も良好なことが分かっています」と言います。

 例えば、脳梗塞に対して最も有効とされる治療法である「経静脈血栓溶解療法」(t-PA治療)は、t-PA(組織プラスミノーゲン・アクティベータ)という薬剤を点滴で投与するもの。約4割の患者は、症状がほとんどなくなるほどに軽減しますが、このt-PA治療は発症してから4.5時間以内でないと有効かつ安全に使用できません。

 「いわゆる脳卒中の75%は脳梗塞。その治療は時間との闘いでもあります。近年は、治療技術の進歩とともに、早期治療を開始するための地域医療も充実しています。脳梗塞が疑われたときの対応について、家族、同僚などと話し合っておくことも大切ですね」(卜部さん)

この記事は、顔がしびれ、コーヒーを口からこぼす…脳梗塞のサイン!?(荒川直樹=科学ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.