日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 「O型の人は蚊に刺されやすい」はホント?  > 3ページ目
印刷

Goodayクイズ

「O型の人は蚊に刺されやすい」はホント?

クイズで学ぶ「蚊の刺されやすさ」

 日経Gooday編集部

血を吸う蚊は好みの血液型がある??

 では、どんな人が多く刺されやすいのでしょうか。実際、同じ場所にいても、「蚊にたくさん刺される人」と「ほとんど刺されない人」がいると感じる人は多いでしょう。よく「O型の人は刺されやすい?」などといわれますが、実際はどうなのでしょうか。

大人より新陳代謝が活発な子どもは、蚊が感知しやすいサインが皮膚から出ているようだ。(c)ankomando -123rf
[画像のクリックで拡大表示]
 津田さんによると、「それが正しいとも、間違っているとも一概にはいえない」のだそうです。「どういう状況で、どのように調べたかによって、結果が異なってくるためです。例えば、血液型による違いがあったとしても、年齢や性別といった違った要素も入ってくると、どの要素を蚊が重視しているか分かりません。血液型によって蚊を誘引する力が違うという論文が発表されたこともありますが、その後、分析方法に誤りがあったと訂正する論文も出されています」(津田さん)

 ただし、津田さんによると、「大人よりも子どもの方が刺されやすい」そうです。それは「子どもは新陳代謝が活発で、汗をかき、体温が高いなど、蚊が感知しやすいサインが皮膚から多く出ているためと考えられます」(津田さん)。また津田さんは、これまでの自身の調査経験から、男性よりも女性の方が刺されやすいと考えているそうです。

この記事は、「O型は刺されやすい」ってホント?」(執筆:津田良夫=国立感染症研究所・昆虫医科学部 主任研究官)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテクNEW

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.