日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 頻尿、尿漏れ… 男女の尿トラブルはなぜタイプが異なる?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

頻尿、尿漏れ… 男女の尿トラブルはなぜタイプが異なる?

クイズで学ぶ「尿トラブル」

 日経Gooday編集部

 正解(間違っている記述)は、(3)女性にしかない「骨盤底筋群」が加齢とともに衰えるから です。骨盤底筋群は男性にもあります。

尿道は男女で構造・長さが異なる

 尿漏れの中でも、女性はおなかに力が入ったときに不意に起こる「腹圧性尿失禁」、男性は排尿のあとに下着の中でジワッと漏れる「排尿後尿滴下」に悩む人が多いことが知られています。

 性別によって尿トラブルの特徴が異なるのは、男性と女性の膀胱と尿道の構造が違うからです。

 男性の尿道は、膀胱から前立腺、骨盤底筋群、陰茎を通るため、L字型に曲がっていて、その全長は約20cmあります。女性の尿道は、膀胱から骨盤底筋群を貫き、尿道口に真っすぐに伸びていて、長さは約4cmほどしかありません。そのため、尿道の短い女性のほうが、ふとした弾みに尿漏れが起きる腹圧性尿失禁になりやすいというわけです。

膀胱と尿道の構造
膀胱と尿道の構造
女性の尿道は約4cmほどしかなく、真っすぐ伸びているのに対し、男性の尿道は約20cmあり、曲がっている。(原図=123RF)
[画像のクリックで拡大表示]

 男性の排尿後尿滴下の原因は主に2つあります。1つは尿道を締める働きをする「球海綿体筋」という筋肉の機能低下、もう1つは尿勢(尿の勢い)の低下により尿道に尿が残りやすくなることです。

 そして後者の背景には、「前立腺肥大」が多く見受けられます。つまり、排尿後尿滴下は、前立腺肥大が直接的な原因ではないものの、その影響を受けているというわけです。

 前立腺は、男性にしかない臓器で、膀胱のすぐ下に位置しています。膀胱から伸びる尿道の根元の部分を取り囲んでいるため、前立腺が肥大してくると尿道が圧迫されて狭くなり、さまざまな尿トラブルが起こってきます。前立腺が肥大するメカニズムは、正確には分かっていませんが、加齢や男性ホルモンの減少が関係していると考えられています。

女性は「骨盤底筋群」が衰えやすい

 女性の場合は、妊娠や出産、閉経といったライフイベントの影響で、尿漏れをはじめとする尿トラブルが起こりやすくなります。

 骨盤内にある膀胱や子宮などの臓器を支え、膀胱の出口や尿道、膣などを締める働きをする「骨盤底筋群」は、妊娠や出産によってダメージを受けます。妊娠中は胎盤や羊水、胎児の体重を骨盤底筋群が支えることになり、大きな負荷がかかりますし、出産時には骨盤底筋群が引き伸ばされて、大きく損傷します。

 骨盤底筋群は男性にもありますが、ライフイベントの影響で、女性のほうがより衰えやすくなるのです。

 また、妊娠・出産経験がない場合でも、閉経前後の更年期には、女性ホルモンの分泌量が減少することで、頻尿や尿漏れをはじめ、陰部の乾燥や痛み、膀胱炎といった尿路や陰部にまつわるトラブルが起こりやすくなります。

 このように、男女で尿トラブルの起きる仕組みは違うものの、加齢とともにトラブルが起きやすくなることは共通しています。尿トラブルで生活の質(QOL)が大きく損なわれる場合は、泌尿器科を受診して医師に相談しましょう。

この記事は、 男女の尿トラブルはなぜこんなにも違うのか(高橋悟=日本大学医学部泌尿器科学系主任教授)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

前立腺
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.