日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 毛細血管が減り始めるのは何歳から?  > 3ページ目

Goodayクイズ

毛細血管が減り始めるのは何歳から?

クイズで学ぶ「血管の老化防止」

 日経Gooday編集部

毛細血管が減少し始めるのは40代から

 では、毛細血管のゴースト化は何歳くらいから始まるのでしょうか。

 伊賀瀬さんは、「毛細血管のゴースト化は老化現象の1つです。体内の細胞は新陳代謝を繰り返して、新しい細胞に入れ替わっています。一般に40代くらいから新陳代謝が低下しますが、同様に毛細血管のゴースト化も始まると考えてください」と話します。

 伊賀瀬さんは、毛細血管が加齢とともに減少することを示すデータも出ていると話します。「加齢による毛細血管の変化を調べた研究では、20代の毛細血管の量を100%としたとき、60代、70代では約4割も減ると報告されています」(伊賀瀬さん)。

(出典:Kelly RI, et al. The effects of aging on the cutaneous microvasculature. J Am Acad Dermatol. 1995;33:749–756. )
[画像のクリックで拡大表示]

 毛細血管が減るといっても、もちろん全員が一律に4割減るわけではありません。「早ければ20~30代でゴースト化が見られる人がいる一方で、高齢でも健康な毛細血管を維持している人もいます。進行度合いには個人差があります」(伊賀瀬さん)

 個人差があるとはいえ、ゴースト血管は40代から始まっているのです。この言葉に、「40代なんてまだ働き盛りじゃないか」と驚く人もいるでしょう。伊賀瀬さんは「加齢とともに多かれ少なかれ体の機能は落ちるので、ゴースト血管が増える(=毛細血管が減る)のを完全に避けることはできません。しかし、もう手遅れだろう、とあきらめることはありません」と話します。

 「ゴースト血管には、食生活や運動などの生活習慣が関係することが分かっています。逆に言えば、ゴースト化を進めるような生活習慣を改善すれば、毛細血管の健康を維持できるということです。毛細血管には、血管を新たに作る、『血管新生』という仕組みが備わっています。生活習慣を良い方向に変えれば、何歳からでもゴースト血管対策は有効です。一度ゴースト化した毛細血管も再生できます」(伊賀瀬さん)

 食事と運動を工夫すること、つまり生活習慣を改善することで、ゴースト化を防ぎ、毛細血管を増やせるというわけです。食事面のポイントは、糖化の原因となる糖質のとり過ぎを避けたり、ポリフェノールなどの抗酸化成分を含む食品を意識してとる、AGEが多く含まれる揚げ物、焼き物に偏った食事を避けることなどです。運動面ではウォーキングなどの有酸素運動の実践、そして特に第2の心臓と呼ばれる「ふくらはぎ」を鍛えることが大切です。

この記事は、「老化を加速させ、万病の元になる「ゴースト血管」の脅威」(執筆:田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

3/3 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.