日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > LDLコレステロールが高い人の卵の摂取量、制限はある?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

LDLコレステロールが高い人の卵の摂取量、制限はある?

クイズで学ぶ「LDLコレステロール」

 日経Gooday編集部

 正解(正しい記述)は、(2)LDLコレステロールが高い人は卵は週に1~2個に抑えるべき です。

LDLコレステロールについては誤解がいろいろ

 健康長寿のためには、動脈硬化のもととなるLDLコレステロールのコントロールが欠かせません。しかし、LDLコレステロールの数値を生活習慣の改善だけで下げるのは一筋縄ではいきません。中性脂肪のように、食べ過ぎやアルコールを抑えて運動すれば減りやすい、というわけではないからです。

 そもそも、LDLコレステロールについては、誤解されていることが少なくありません。よくある誤解の1つは、「運動を実践すれば、LDLコレステロールは確実に下がる」というものです。「コレステロールは油の一種なのだから、運動して体脂肪が減れば下がりそう」と思う人がいても不思議ではありませんが、実際はそうではありません。

運動や減量をしてもコレステロールがなかなか減らないという人は多いが、それには理由がある(写真はイメージ=123RF)
[画像のクリックで拡大表示]
運動や減量をしてもコレステロールがなかなか減らないという人は多いが、それには理由がある(写真はイメージ=123RF)

 脂質異常症に詳しい千葉大学大学院医学研究院教授の横手幸太郎さんは、「中性脂肪やHDLコレステロールはジョギングやウォーキングなどの有酸素運動で改善しますが、LDLコレステロールはそれらに比べ運動では下がりにくいとされています。エネルギーとして使われる中性脂肪と違って、コレステロールは運動で消費されるわけではないからです」と解説します。

 エネルギーとして使われる糖や中性脂肪と違って、コレステロールは細胞膜やホルモンの「材料」になるもの。そもそも燃料ではないので、運動しても使われることはありません。有酸素運動をすると中性脂肪は減りますが、LDLコレステロールは運動だけではなかなか減らないのです。

 もっとも、運動だけでは「減りにくい」というだけで、意味がないわけではありません。「減りにくいとはいえLDLコレステロールを下げる効果は多少なりともあるので、運動は推奨されています」と横手さん。運動によって血糖値を下げるインスリンというホルモンの効き目が良くなり、血糖値や血圧が下がることで、LDLコレステロールも下がりやすくなるそうです。

LDLコレステロールが高い人は、卵は週1~2個に抑えるべき

LDLコレステロール値が高い人は、卵1個で1日にとっていいコレステロール量(200mg未満)を超えてしまう(写真=123RF)
[画像のクリックで拡大表示]
LDLコレステロール値が高い人は、卵1個で1日にとっていいコレステロール量(200mg未満)を超えてしまう(写真=123RF)

 「卵は1日に何個食べても大丈夫」というのも大きな誤解です。

  昔は「卵は1日1個まで」などと言われましたが、あるときから「1日に何個食べても大丈夫」という情報が出回るようになり、今でも「何個食べてもいい」と思っている人は多いかもしれません。

 確かに、コレステロールは7割以上が体内で合成されるので、食事の影響は意外と少ないのは事実です。さらに「日本人の食事摂取基準」でも2015年にコレステロールの上限値がなくなったこともあり(*1)、「コレステロールの制限は時代遅れ」と思っている人もいるでしょう。しかし、コレステロールの制限が必要ないのは、あくまで「健康な人の場合」です。LDLコレステロールが高い人は、体内のコレステロールのうち2~3割は食事から来ることを無視するべきではありません。

*1 2020年版では「脂質異常症の重症化予防の目的からは、200 mg/日未満に留めることが望ましい」と記載されている。
コレステロール
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.