日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 「不整脈」は、狭心症や心筋梗塞とどう違う?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

「不整脈」は、狭心症や心筋梗塞とどう違う?

クイズで学ぶ「不整脈」

 日経Gooday編集部

 正解は、(2)ウソ です。不整脈は、心筋を規則正しく動かすための「電気信号」の異常によって起こります。

不整脈は、心臓に指令を出す「電気信号」の異常で起こる

 心臓の病気でよく知られているものに、狭心症、心筋梗塞、不整脈があります。この3つは、動悸や息苦しさ、胸痛などが現れますが、その成り立ちはまったく異なります。

 狭心症と心筋梗塞は、心臓を動かす筋肉である心筋に酸素を供給する血管(冠動脈)が、狭くなったり完全に詰まってしまったりする病気です。血管が狭まることで心筋が酸欠状態となり、血液を肺や全身に送り出すポンプ機能がうまく働かなくなり、胸痛や息切れなどの症状が起こります。冠動脈を詰まらせる大きな原因は、高血圧や糖尿病、脂質異常症などによって生じる動脈硬化であり、その成り立ちには生活習慣が深くかかわっています。

 一方、不整脈は、血管の異常ではありません。心筋を規則正しく動かすための「電気信号」の異常によって起こります。この電気信号は、心臓の右心房の上にある「洞結節」という特殊な筋肉組織から出て心室に届き、その刺激によって心室の筋肉が収縮し、血液を送り出しています。この信号が、なんらかの原因によって規則正しく心室に届かなくなると、心室のポンプの動きに乱れが生じ、脈の乱れ(不整脈)として現れるのです。

図 心臓のポンプ機能を動かす電気信号の流れ
洞結節という特殊な筋肉組織から出た電気信号(青い矢印)は、心房を巡って房室結節にいったん集まり、心室に伝わる。この信号が何らかの理由で乱れると、不整脈が起こる。原図(C)Peter Lamb-123RF
[画像のクリックで拡大表示]

 「生まれてから死ぬまで、脈がずっと機械のように規則正しく打ち続ける人はいません。どんな人でも、多少の乱れはあります。健康診断で指摘されたり、なんらかの症状があったりして受診して不整脈と言われた人のうち、9割は『期外収縮』といって、何も問題がない不整脈です」。公益財団法人心臓血管研究所所長の山下武志さんはそう話します。

 一方、残り1割の不整脈には、さまざまな種類があります。放っておくと命を脅かすもの(心室細動や悪性の房室ブロックなど)や、血栓を作って脳梗塞を起こすもの(心房細動)もあれば、カテーテル手術で完治が可能なもの(上室頻拍)もありますので、健康診断の心電図検査で不整脈だと言われた場合は、信頼できるかかりつけ医に相談し、必要に応じて循環器内科を紹介してもらいましょう。かかりつけ医がいない場合は、循環器内科のある病院を受診するとよいでしょう。

この記事は、不整脈の9割は「放置しても問題ない」(梅方久仁子=ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.