日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 腎臓の負担を減らすには、水分を控えるべき?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

腎臓の負担を減らすには、水分を控えるべき?

クイズで学ぶ「腎臓と水分摂取」

 日経Gooday編集部

 正解は、(2)水分は減らさないほうがいい です。

「腎臓の負担を減らすために、水分摂取を減らす」はNG!

 健康診断などで腎機能の低下を指摘され、腎臓の負担を減らしたいと思ったとき、水分のとり方に迷う人は多いのではないでしょうか。

 「患者さんからも、水分摂取に関する質問はよく受けます。腎臓の負担を減らすために、水分を控えたほうがいいのでは、と考える人が多いのですが、水分をとらないと、逆に腎臓に負担がかかるので注意してください」。腎臓の病気のスペシャリストである、横浜市立市民病院腎臓内科長の岩崎滋樹医師はそう話します。

 腎臓は1日約150リットルもの血液をろ過し、それをさらに100倍に濃縮して約1.5リットルの尿を生成しています。しかし、腎機能が下がると尿を濃縮する力が落ち、濃い尿を作ることが困難になります。同じ量の老廃物を処理するには、代わりに薄い尿をたくさん出すしかなくなります(図1)。

図1 腎機能と尿の量・濃さの関係のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 「尿をたくさん作るには、当然たくさんの水が必要です。水分摂取が腎臓の負担になる、水は飲まないほうがいい、と誤解する人が本当に多いのですが、まったく逆です。腎臓にとっては、水を飲んだほうが毒素を外に出しやすくなります」(岩崎医師)

夜間頻尿が気になる人は、塩分を減らそう

 水分をしっかりとると夜中のトイレ回数が増えてしまうのではないか、と心配する人もいるでしょう。ですが、「夜間に腎臓がしっかり働くためには、体の中に十分な水分があることが大切です」と岩崎医師は話します。これはどういうことなのでしょうか。岩崎医師は次のように解説します。

 「活動量の多い昼間は、腎臓は血液を他の臓器と奪い合って老廃物を処理しています。一方、活動量が少なくなる夜は、多くの血液を腎臓で使うことができます。腎臓が弱ると、昼間に限られた量の血液から尿を作るのが難しくなり、その分が夜に持ち越されるので、夜間の尿が増えるようになります」(岩崎医師)

 腎機能が落ちれば、夜間の尿量が増えるのはもっともなことなのです。もしそこで水分摂取を控えてしまうと、腎臓が老廃物を排出しきれなくなったり、夜中に脱水に陥ったりすることもあり得ます。腎機能が落ちてきた人は特に、水分をセーブしないできちんととるようにしましょう。ただし、体重が増えないように、すなわち浮腫が出ない範囲にとどめておくことが大切です。

 「夜間頻尿が気になる人は、水分ではなく、塩分を控えてみてください。夜間頻尿の原因は、水分より、塩分のとり過ぎであることが多いんです」と岩崎医師。

 塩分には水を引っ張ってくる性質(保水作用)があるため、体内の塩分量が増えると、水が細胞の中にたまりやすくなります。これがむくみの正体です。体にたまった水分は夜になって処理されるため、塩分摂取が多いと、夜中の尿量が増えてしまうのです。

 「減塩すれば、体に水分をため込む力が弱くなるので、夜中の尿量の減少につながります。夜間頻尿には水の飲み過ぎも影響しますが、一番の原因は塩分のとり過ぎです。夜中にトイレに行く回数が多い人は、塩分を抑えましょう」と岩崎医師はアドバイスしています。

この記事は、 腎臓を長持ちさせる「たんぱく質」「水分」「塩分」のとり方(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

腎臓・腎機能
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.