日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > 免疫力が落ちた人を襲う「帯状疱疹」、要注意な年代は?  > 2ページ
印刷

Goodayクイズ

免疫力が落ちた人を襲う「帯状疱疹」、要注意な年代は?

クイズで学ぶ「帯状疱疹」

 日経Gooday編集部

 正解は、(2)帯状疱疹に最もかかりやすい年代は40代である、です。

帯状疱疹にかかりやすいのは、免疫力が低下し始める50歳以降

背中や肩に痛みが出る場合は、五十肩と間違われることも。(c)Luis Molinero Martínez-123RF

 赤い発疹が帯のように広がる「帯状疱疹」は、水ぼうそう(水痘)を引き起こす「水痘・帯状疱疹ウイルス」による感染症です。多くの場合、皮膚の症状よりも、体の奥がチクチク・ピリピリする痛みが先に現れるため、頭痛や腰痛、五十肩、狭心症などと勘違いする人も少なくありません。発疹が出るのは痛みが1週間ほど続いた後で、虫刺されのような赤い発疹が胸やお腹、顔などに帯状に広がります。発疹は次第に水疱(みずぶくれ)になっていきます。

 東京逓信病院副院長・皮膚科部長の江藤隆史氏は、帯状疱疹が起こる仕組みをこう説明します。「子どもの頃に水ぼうそうにかかると、治った後も、生き残ったウイルスが脊髄神経の『後根』という知覚神経の根っこに逃げ込み、30~40年もの長い間隠れています。大人になって免疫力が低下したとき、この潜んでいたウイルスが再び暴れ出し(再活性化)、発症するのが帯状疱疹です」。

 江藤氏によると、日本の成人の9割以上は水痘・帯状疱疹ウイルスに感染したことがある(抗体を持っている)ため、帯状疱疹はほとんどの成人に起こり得る病気といえます。発症率が増えてくるのは、免疫力が低下し始める50歳以降(図1)ですが、「なかでも帯状疱疹になりやすいのは、仕事が忙しくて『絶対に休めない』というストレスフルな状態のとき。加えて、高齢者や、抗がん剤・免疫抑制薬などを使う人も、免疫力が下がってウイルスが再活性化しやすい状況にあるので、帯状疱疹を発症するリスクが高まります」と江藤氏は話します。

図1 帯状疱疹の年代別発症率(宮崎県における調査)
50歳を超えると帯状疱疹の発症が増える。(出典:外山望. 日本臨床皮膚科学会誌. 2012;29:799-804.)
[画像のクリックで拡大表示]

 反対に、帯状疱疹になりにくいのは、幼稚園・保育園の先生や小児科医など、水ぼうそうの患者に接する機会が多い人。「彼らの周りにはしょっちゅうウイルスが飛び交っていて、ウイルスを見つけるたびに免疫機能が反応し、活発に働いてくれるからです」(江藤氏)。

後遺症で神経痛に苦しむことも…予防にはワクチンが有効

 帯状疱疹の治療の基本は、抗ウイルス薬の点滴、あるいは内服ですが、抗ウイルス薬を使ってウイルスの増殖が止まるのにかかる時間は約2日半。電車のブレーキをかけても瞬時に止まらないように、病気が少し進んでからようやく治まり始めます。「帯状疱疹になるのは、疲れやストレスで免疫力が低下している証。そんなときは安静あるのみです。抗ウイルス薬の投与期間は7日間なので、その間はできる限り入院して、ゆっくり過ごしてください」(江藤氏)。

 帯状疱疹における最大の問題点は、症状が治まった後に、「帯状疱疹後神経痛」という後遺症が残る恐れがあることです。「これは帯状疱疹の発症から3カ月以降に現れる痛みで、長ければ10年以上、耐えられないほどの強い痛みが続きます。帯状疱疹後神経痛を起こしやすいのは、発疹がひどい人や高齢者、そして治療開始が遅れた場合です。神経がダメージを受けた後で薬を使うと、帯状疱疹後神経痛が出やすくなるので早期受診が大切です」と江藤氏は強調します。

 帯状疱疹の予防には、水ぼうそうのワクチン(水痘ワクチン)が有効です。元々このワクチンは小児向けでしたが、2016年より50歳以上の成人に対しても帯状疱疹予防を目的としての適応が拡大されました。ワクチン接種により、加齢に伴って落ちてきた水痘・帯状疱疹ウイルスへの免疫力を再び高めることができます。小児に接種するだけあって安全性の高いワクチンで、自費診療となるので費用は1万円前後です。

 「帯状疱疹のつらさを考えれば、50歳を過ぎたら全員がワクチンを接種するべきだと思いますが、まだ認知度は低いようです。今後は成人も積極的に接種することをお勧めします」と江藤氏は話しています。

この記事は、「50歳を過ぎたら『弱ったときの帯状疱疹』に注意!」(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.