日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Goodayクイズ  > 認知症の予備群「軽度認知障害」から、1年で何%が認知症になる?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

認知症の予備群「軽度認知障害」から、1年で何%が認知症になる?

クイズで学ぶ「軽度認知障害」

 日経Gooday編集部

正解は、(3)12% です。

「今日は何月何日何曜日ですか」といった質問に答えられなかったり、答えるのに時間がかかるようなら要注意。(c)alexraths-123RF
[画像のクリックで拡大表示]

 認知症は、記憶力や判断力、見当識(けんとうしき:時間や場所、名前などを把握する能力)などの認知機能が障害され、生活に支障が出る様々な病気の総称。厚生労動省が2012年に行った推計では、65歳以上の日本人の15%、462万人が認知症であり、社会の高齢化がピークとなる2025年には700万人になると報告されています。

 この認知症の予備群とされるのが、認知機能の一部である記憶力は衰えていますが、生活に支障のない「軽度認知障害(MCI)」という状態です。厚労省の2012年推計では、軽度認知障害の人も認知症の人とほぼ同数の400万人いるとされています。「軽度認知障害があると、認知症になるリスクが高いことが知られていますので、この段階から生活改善などを行うことが認知症の発症を防ぐために大切です」と、認知症の専門病院である和光病院(埼玉県和光市)院長の今井幸充医師は話します。

 軽度認知障害の人が全員、認知症を発症するわけではありません。ただ、軽度認知障害と診断された人の場合、1年後には約12%、5年後には約50%が認知症を発症すると推測されています。疫学調査でも、軽度認知障害の人は一般の人よりもアルツハイマー型認知症になるリスクが10倍高いといわれています。

 軽度認知障害かどうかをセルフチェックするリストや、血液検査で軽度認知障害のリスクを判定する「MCIスクリーニング検査」も開発されています。気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

この記事は「認知症対策は「予備軍」の段階から」(執筆:稲垣麻里子=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテクNEW

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.