気道の閉塞によって起こる「閉塞型睡眠時無呼吸症候群」(右)は、のどの奥にある軟口蓋と舌が重力によって落ち込んで気道を塞ぎ、低呼吸や無呼吸を引き起こす。(c)Roberto Biasini-123rf

記事に戻る