日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Goodayクイズ  > 「いびき」が危ないのは太っている人だけ?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

「いびき」が危ないのは太っている人だけ?

クイズで学ぶ「いびきと睡眠時無呼吸症候群」

 日経Gooday編集部

無自覚なだけに放置されがちないびきだが、実はさまざまな健康リスクが…。(c)Cathy Yeulet-123rf
[画像のクリックで拡大表示]

 正解は、(2)ウソ です。

 いびきは本人に自覚がないため、単なる「家庭内の騒音問題」と考えられがちですが、決してあなどってはいけません。

 「いびきは、空気の通り道(気道)が狭くなったために、呼吸の際に気道の壁が震えている音。つまり、呼吸がしづらくなっている証拠です」と話すのは、御茶ノ水呼吸ケアクリニックの村田朗院長です。

 気道の閉塞がひどくなると、やがて呼吸が止まって全身に十分な酸素が行き渡らなくなり、さまざまな弊害をもたらします。睡眠中に、無呼吸(10秒以上の呼吸の停止)または低呼吸(肺における換気量が通常の半分以下に落ちてしまった状態)が1時間に平均5回以上出現した場合、睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)と診断されます。

気道の閉塞によって起こる「閉塞型睡眠時無呼吸症候群」(右)は、のどの奥にある軟口蓋と舌が重力によって落ち込んで気道を塞ぎ、低呼吸や無呼吸を引き起こす。(c)Roberto Biasini-123rf
[画像のクリックで拡大表示]

いびきの原因は日本人特有の「平たい顔」だった!

 気道が狭くなるのにはいくつかの原因があります。「太った人は首回りにも肉がつきますので、それが原因で気道が狭まり、睡眠時無呼吸症候群になるケースも多いです。しかし、睡眠時無呼吸症候群は肥満の人だけがなるもの、という認識は間違いです。小顔でやせ型の人にも、睡眠時無呼吸症候群は非常に多いんですよ」と村田院長。

 村田院長によると、睡眠時無呼吸症候群の一番の原因は骨格。日本人を含む東アジア人は、基本的に頭部が上下に長くて奥行きが狭く、白人と比べるとペチャンコの顔をしています。「ヤマザキマリさんの人気コミック『テルマエ・ロマエ』では、現代日本人を『平たい顔族』と呼んでいましたが、まさにその通り。日本人は平たい顔だから、もともと顎が小さくて、気道が狭いのです」(村田院長)。

 骨格の問題なので、細身の人でも、子どもでも、いびきや睡眠時無呼吸症候群は起こり得ます。「骨格の特徴は遺伝しますので、両親のどちらかがいびきをかく場合は、子どももいびきをかきやすい傾向があります。さらに今の若者は、昔よりもずっと顔が小さく顎が細くなってきていますので、なおさら舌が顎に入りきらず、気道が狭くなり、いびきをかきやすいのです」と村田院長は話します。

重症になると睡眠中にエベレスト並みの酸素不足に

 睡眠時無呼吸症候群の人は、日中に強い眠気や倦怠感を感じるため、居眠り運転などの重大な事故につながる危険もあり、日常生活で大きな問題となります(ただし、重症の睡眠時無呼吸症候群でもまったく眠気を感じない人もいます)。

 村田院長によると、重症の睡眠時無呼吸症候群では、なんとエベレストに登ったときと同程度の酸欠状態(通常は98%程度ある血液中の酸素飽和度が60~70%台まで低下)になることもあるそうです。「いきなりこの状態に陥ると普通は失神してしまうのですが、睡眠時無呼吸症候群ではもともと眠っていて意識がないので、意識があるときには起こり得ないほど酸素飽和度が下がってしまうのです」(村田院長)。

 こうした血液中の酸素不足や二酸化炭素の増加によって、身体に様々な負担がかかり、頭痛、狭心症、不整脈、高血圧、糖尿病などの合併症を引き起こします。長年いびきを放置してきた人が、ある日突然、睡眠時無呼吸症候群によって生じた致死性の不整脈などのため、突然死してしまう可能性もあるのです。睡眠時無呼吸症候群の患者が治療を受けずにいると、寿命が縮まるという研究結果もあります(He J, et al. Chest. 1988;94:9-14.)。

 現在では、自宅で簡易検査を行うことも可能になっているので、いびきを指摘されている人は、一度睡眠外来などを受診してみることをお勧めします。

この記事は「いびきの原因は日本人特有の「平たい顔」だった!」(執筆:梅方久仁子=ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.